1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中のハンドサイクル

[ ここから本文 ]

2010年10月21日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ハンドサイクル

2010年10月21日(木)  [荒井秀樹]

ラムサウはバイアスロン選手のメッカと言っても過言でない。
ロシアやノルウェー、もちろんドイツの有名選手たちが長期トレーニングに励んでいる。
ザルツブルクに国際バイアスロン連合(IBU)の本部があることからも、オーストリアでもバイアスロンは凄い人気で、ワールドカップや世界選手権、熱狂した何万人という観客で盛り上がりをみせている。


そんな人気スポーツのIBU機関誌バイアスロンワールドにパラリンピックバイアスロンの特集が6ページ紹介されていた。
僕が興味をひいたのは、ドイツのアンドレア選手、北京パラリンピックのハンドサイクル金メダリストが冬季パラリンピックに挑戦して、バイアスロン、シットスキーに活躍した記事だった。
金メダルはとれなかったものの、このようなメジャーな雑誌で紹介されるぐらい、ハンドサイクルも人気スポーツなのだろう。
冬のシットスキー界に彗星のように現れた彼女の活躍によって、今まで表彰台を独占していたロシアやウクライナの女子選手たちが惨敗した。
彼女を会場で見つけた久保恒造が、僕に「ハンドサイクルの選手ですよ。北京の金メダリスト」と興奮気味に教えてくれた。
久保恒造も、初参加したワールドカップでは、ロシアのシットスキー選手らを驚かせた。
「マラソンの久保が、なんでここに・・」と。


今回のバンクーバーパラリンピックで特徴的だったのは、夏で活躍した車いす選手たちが冬の競技にも参加してきて上位に食い込んでいる事だ。そして、そのことは冬の競技のレベル向上にもつながるし、底辺拡大にもなる。
夏冬、両方に活躍する選手が現れて、パラリンピックの発展につながるのなら、僕は大いに歓迎したい。


[写真]バイアスロンワールド誌にパラリンピックバイアスロンの特集記事
(バイアスロンワールド誌にパラリンピックバイアスロンの特集記事)


[写真]ヨーロッパで人気のハンドサイクル女王アンドレ選手
(ヨーロッパで人気のハンドサイクル女王アンドレ選手)


バイアスロン 関連記事
バイアスロンとは?
バンクーバーで証明した長田弘幸、久保恒造の底力!
パラリンピック大会初日!
新潟県立胎内ライフル射撃場


ラムサウ 関連記事
新田佳浩 ラムサウ合宿はじまる
ヨーロッパのトレーニング環境
氷河で心に誓う

バイアスロンパラリンピック監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.