1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の名寄大会

[ ここから本文 ]

2010年12月24日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

名寄大会

2010年12月24日(金)  [荒井秀樹]

新田佳浩、太田渉子が出場した第16回クロスカントリー名寄大会。
天気予報では「名寄地方は吹雪」でしたが、いいコンディションで開催できました。
道外からの選手も多く、賑やかな名寄大会。
雪もあり上信越や東北のスキー場関係者にとっては、羨ましい限りだと思います。
大会役員の皆さん、ありがとうございました。


レースですが、新田は、クラシカルを中心にトレーニングしてきましたが、フリー種目にも、今出来ること、課題を持って臨みました。
結果は71位。本人にとっては、不本意かもしれませんが、
今シーズン取り組んでいる大きいフォーム作り、膝の使い方を自分のものにしてもらいたいと思います。
国内大会では2月のジャパンパラリンピック、4月はロシアでの世界選手権、ここへ向けて取り組んでいます。


太田は、夏から取り組んできたスピード持久系の練習と前傾のかかるフォーム作りが課題です。
今日のレースは11人中11位でしたが、全日本で活躍している選手たちと一緒に出場できる絶好の機会。
模範となる選手と走れるのですから、レース内容を大切にして臨みました。
このあと、太田は全日本音威子府大会(12月26日27日)へと挑戦していきます。
「いろんな大会に出場してみたい」と話す太田。


[写真]新田佳浩
(新田佳浩はより速く、膝を上手に使うことがカギ)


[写真]太田渉子
(夏から取り組んできた前傾をかけたフォームをめざす太田渉子)


選手たちは、そのためにも、やらなければならないこと、改善しなければならないことを整理して、今シーズン取り組んで行きたいと思います。
これからの選手の活躍、皆さんの応援をよろしくお願いします。


[写真]課題は沢山あるけど、初レースお疲れ様でした
(課題は沢山あるけど、初レースお疲れ様でした)


[写真]優勝した井川純一選手に祝福
(優勝した井川純一選手に祝福)


[写真]夜ミーティング、自分の走りを見る太田渉子
(夜ミーティング、自分の走りを見る太田渉子)


名寄大会 関連記事
新ユニホーム
第16回 クロスカントリー名寄大会

クロスカントリースキー監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.