1. ホーム の中の
  2. [ノルディックスキー競技]
  3. クロスカントリースキー
  4. の中の目標タイムで競うことの大切さ

[ ここから本文 ]

2010年12月27日(月) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

目標タイムで競うことの大切さ

2010年12月27日(月)  [荒井秀樹]

26日、クラシカルレースに出場した太田渉子。
音威子府の急斜面の続くコースだけに、目標タイム23分台で臨んだ。


「ワックスから自分ひとりでやって、グリップも効き、いい経験ができた」との感想だった。
成績は、5km24分43秒8で、160人中140位だった。
結果は不満だが、夜のミーティング、「片腕というハンデはあっても、脚力・体力すべての面で、学生や高校生に負けていて、もっと基礎的な強化が課題」で一致した意見だ。


そして大切なことは、アバウトな評価ではなく、しっかりとデーターや数値で評価する「タイムで戦う」ということ。
今回、1km平均タイムが4分58秒で、パラリンピックで使う計算タイムにすると4分32秒。
23日の名寄大会では、1km3分48秒だった。
2レース平均1km4分10秒だ。
太田渉子は1kmタイム3分40秒(計算タイム)が目標だ。
今シーズン、なんとかクリアしていきたい。
なぜなら、パラリンピック女子立位障害クラス、世界は、もう3分20秒台に突入しているからだ。


元五輪選手の神津正昭さんから「渉子ちゃんには、このコースキツイね」と優しい声をかけてもらった。
SAJのTD小林義夫さんから「ストック1本は、このコース厳しい。でも果敢に挑戦してる太田さんに、もっと頑張ってもらいたい。みんな応援しているよ」と激励。


みんなから応援をもらった。本当に感謝。
来年は、もっと練習して出直してきます!


[写真]最後まで右手をスイングしスキーをグライドさせている。
(最後まで右手をスイングしスキーをグライドさせている。)


[写真]交互操作時も左手の使い方がポイント
(交互操作時も左手の使い方がポイント)


[写真]右足キック時は速い切り替えでスピードを加速したい
(右足キック時は速い切り替えでスピードを加速したい)


[写真]勝呂さんも応援に来た
(勝呂さんも応援に来た)


関連記事
クリスマス寒波の北海道
第16回 クロスカントリー名寄大会

クロスカントリースキー監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.