1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の最高気温がマイナス21℃の予報

[ ここから本文 ]

2011年1月11日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

最高気温がマイナス21℃の予報

2011年1月11日(火)  [荒井秀樹]

ヘルシンキに到着し、ここから北へ飛行機で1時間、カヤーニ空港に向かう。
新田佳浩が、「荒井さん、14日の天気予報、最低気温-26℃ですよ」と心配そうな顔で教えてくれた。
対応するワックスを用意しなければならないし、防寒対策も必要になってくる。


そして、もっと驚いたのは、
「最高気温、何度か知っていますか?」と新田くん、
「まさか最高気温が-20℃とかじゃないよね・・・」と答えると、
「-21℃」


「さすがフィンランド」としか言いようがない天気予報だ。


レースは-20℃以下の場合、スタート時間を延期するか中止される。
気温の上昇を待って再開させる場合が多い。
厳寒のレースは選手たちの健康問題、凍傷や肺がやられる危険性があるからだ。
特にパラリンピック選手たちは、切断箇所や脊髄損傷の下半身、感覚がない選手も多いので、凍傷には十分に気をつけなければならない。


以前、新田佳浩がシットスキー選手のためにアルミ箔でできた防寒用品を買ってきて、長田弘幸選手や久保恒造選手の下半身を巻いていた。
みんなして知恵をだしあって防寒対策に臨みたい。


[写真]カヤーニ空港に到着
(カヤーニ空港に到着、フィンランドの雪が歓迎してくれた)


関連記事
-19℃の世界
とにかく悔しい
障害者スポーツ選手との接し方

フィンランド監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

荒井監督、今朝(1/12)7:30の札幌東区の外気温は-11℃でした。久々に晴れ上がってかなり寒いんです。でもそちらはこの2倍以上寒いんだ!?
万全の防寒対策、最高のレースを期待しています!!

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.