1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のフィンランド・ワールドカップを振り返って

[ ここから本文 ]

2011年1月27日(木) [太田渉子]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

フィンランド・ワールドカップを振り返って

2011年1月27日(木)  [太田渉子]

フィンランド・ワールドカップ結果 
・クロカン スプリント1,2㎞ CT 2位
・クロカン パシュート2,5㎞/5㎞ CT 2位
・クロカン ロング15㎞ FT 4位


[写真]パシュート表彰式
(パシュート表彰式)


昨シーズン後、拠点を東京に移し、夏の陸上トレーニング重点に取り組みました。雪上のトレーニング日数が浅いことへの“不安”は、初戦になくなりました。


15日スプリントは、-20℃以下のため屋外からスキートンネル室内にコース変更がありました。想定の範囲内だったので、コース変更は動揺せず、逆に自信を持つことができました。先行逃げ切りの作戦通り、準決勝まで楽に進むことができました。決勝は、上りのピッチが上がらないと痛感し、バンクーバー同様2位という結果に苦笑いでした。


18日パシュートは、今回初めて採用された種目でした。ペース配分が難しく、実力のある者しか勝てないと思います。予選は2,5㎞リレーより遅い、5㎞レースより速いペース配分で臨み、トップから16秒差2位につきました。決勝は1周目で追いつけるかが勝負のカギだと考えたので、スタートから飛ばしました。“追いついては離される”の繰り返しは、私の気力・体力を1周目で消費してしまいました。勝つつもりで臨み負けた決勝は、多くを学ぶことができました。


20日ロングは満足できるレース内容でした。5㎞コースx3周の周回ごとに徐々に気持ちとペースを上げることがき、ゴール後動けなくなるまで体を追い込むことができました。課題はレース中の冷静な判断をし、コース取りを上手くすることです。


最後となりましたが、大会を運営してくれたIPCやホームタウン・Vuokatti、ボランティアの方々に感謝します。また、日本からのたくさんの応援ありがとうございました!


大会シーズンは練習時間・量が減るので、体調管理や補強トレーニングを積極的に行いたいです。そして、2月5日・6日のジャパンパラリンピックや2月15日からのスウェーデン・ワールドカップに合わせ調整していきます。


関連記事
太田渉子スプリント2位
最高気温がマイナス21℃の予報

クロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

僕はレース中に考えていることは
ピッチは上げるがテンションは上げない
です。
応援しています、これからも頑張ってください。
僕も残りシーズン頑張ります。

コメント

今回は、銀銀ギラギラ、次は、金金キラキラでいきましょう。体に気をつけて頑張って下さい。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.