1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のクラシカルレース

[ ここから本文 ]

2011年2月18日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

クラシカルレース

2011年2月18日(金)  [荒井秀樹]

新田、太田とも厳寒のスウェーデン・ソルフティオで熱い想いでレースに臨んだ。
直に肌を出していると、凍傷になる。
それをワセリンで防ぎながら、果敢に攻めた。


新田佳浩は、イルカ選手(フィンランド)とトップを争い、太田渉子は、3位をアレキサンドラ選手(ウクライナ)と争った。
男子20km、女子15kmのアップダウンがきついタフなコース。
あきらめない精神力が、勝負を左右する。
コーチたちが、「ガンバレ!!」と声を出す。


[写真]新田佳浩
(厳寒のレース、顔が凍傷にならないようにワセリンを塗る)


[写真]太田渉子
(ガンバレ渉子、声をからして応援した)


見事、新田佳浩は銀メダル。太田渉子もロシアのアンナ、フィンランドのマイヤに競り勝ち、惜しい4位と健闘した。
最終日(19日)のスプリントレースが楽しみだ。
日立ソリューションズのど根性を見せつけたい!!


16日のこの日、僕の誕生日だった。


[写真]自然の厳しさを実感する
(自然の厳しさを実感する)


[写真]みのさんの朝ズバッで毎日報道していただいている
(みのさんの朝ズバッで毎日報道していただいている)


ワールドカップ スウェーデン大会 関連記事
呼吸調整の大切さ
ワックステストの方法
スキー部監督、選手は本日スウェーデンへ向け出発!

クロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

ワールドカップスウェーデン大会,お疲れ様でした。写真を見せていただきましたが,初めて見るユニフォーム(?)でしたね。レース中に顔が凍傷になるなんて,日本に住んでる私たちには想像ができません。大変なコンディションの中,全部出し切った選手の皆さんお疲れ様でした。
ところで,日本国内でもスキー関係の各種大会が開催真っ盛りですが,インターハイ男女ともリレーで山形県の高校が優勝しました。渉子選手の母校である北村山高校が男子リレー優勝,近接の新庄北高校が女子リレー優勝でした。尾花沢市の若者たちもがんばりましたよ。ワールドカップ日本チームの皆さんも,極寒に負けずにがんばれ~~!

コメント

監督、お誕生日おめでとうございま〜す!!

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.