1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のバイアスロンに勝つために

[ ここから本文 ]

2011年2月25日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

バイアスロンに勝つために

2011年2月25日(金)  [荒井秀樹]

快晴のドイツ。
シットスキー・パシュートが行われた。
期待のかかる久保恒造が出場、同じLW11(脊損)クラスの世界のトップであるカナダのクリス選手、イタリアのエンゾ選手との争いとなる。
昨シーズンまでは、彼らにリードされていたが、今季は夏のトレーニングの成果も出ており楽しみだった。
なぜかと言うと、久保恒造は、得意の射撃を生かし、バイアスロン競技に特化していて、クロスカントリー種目にエントリーするのは久しぶり。
世界の強豪が全員出場している今日のレース、エキサイティングなレースが予想された。


夏の車いすマラソントレーニングで、持久力・スピード力が養われた。
シットスキー1kmあたり10秒近くは短縮している。
久保恒造は、この日、6位以内を目標にしていた。
シットスキーのLW12(下肢切断)選手らは、1kmあたり3分10秒から20秒が主流となっている。
上腕の力での、この高速レースに、LW11、LW10(障害の重い脊損)がどう対抗するかが課題だ。


ファーストレースは、2.5kmで行われた。
前半は大きなだら下りが多い、1.5km地点で久保恒造は秒差だったが9位。
後半の登りで、上位を狙った。
コースにいるコーチから、クリス選手とのタイム差や順位が告げられる。歯を食いしばって走る久保恒造。
セカンドレース(決勝)は、ファーストレースの順位でスタートしていくパシュート(追い抜き)、少しでもトップとのタイムを縮めたい。
ペースをあげて、直線200mクリスに3秒勝っていることを伝え頑張らせた。
ゴール、4位に食い込む健闘をみせた。


セカンドレースは、2番手スタート(障害のハンデタイムが加味されるため)だ。
LW12選手たちが、後ろから追ってくる展開で、2.5kmコースを2周する5㎞パシュートレース。
3位を狙うなら、LW12のノルウェーのラーセン選手との戦い、40秒差を逃げ切りたがったが、2周目後半に追いつかれ逃げ切ることはできなかった。大健闘の5位だった。


[写真]久保恒造
(どんなレースでも”全力投球”それが久保の真骨頂)


昨シーズンは、このメンバーで10位以内を目標だっただけに、力をつけてきた。
久保恒造は、1kmを3分35秒で、チャンピオンのイレク選手は3分20秒だった。
登りは抜群の闘争本能で自信がある。課題は、ダウンヒルでのいかにブレーキを少なく滑走させるか、平地における加速させるフォーム作りが重要だ。
バイアスロンで2014年ソチ・パラリンピックの表彰台をめざすためにも、この課題を克服していきたい。
久保恒造、納得のレースだった。


関連記事
ワールドカップ自己最高の5位
ワールドカップ初戦

バイアスロンワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

強い体が高度な技術と闘争心を生む!
体の発達は25歳がピークといわれる。この写真をみて昨年より更に逞しくなった久保選手。まだまだ
身体も発展途上と伺える。周りの人は外的な面で評価するが選手は内的面から鍛えることが大事。プロゴルフアーは握力が50~60、スポーツ界の一流選手の背筋力は200前後は条件、常勝西脇工の駅伝選手でも500~1000回の腹筋を課される。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.