1. ホーム の中の
  2. 活動のお知らせ
  3. の中のグループ会社訪問と報告会

[ ここから本文 ]

2011年5月20日(金) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

グループ会社訪問と報告会

2011年5月20日(金)  [新田佳浩]

スキー部としてグループ会社を訪問させていただきました。


[写真]日立ソフトシステムデザイン(株)訪問の様子
(日立ソフトシステムデザイン(株)訪問の様子)


[写真](株)日立システムバリューの皆さんと
((株)日立システムバリューの皆さんと)


[写真](株)日立システムバリューでの報告の様子
((株)日立システムバリューでの報告の様子)


皆さんに本当に応援していただいていることを改めて感じる機会でもありました。


また、17日に開催された本社の報告会では、荒井監督が「失ったものを数えるな。残されたものを最大限に活かせ」というパラリンピックの提唱者の一人とされる、ルートヴィヒ・グットマン博士が、戦争で障害を負った兵士のリハビリにあたり、訓示した言葉を話しました。


この精神はパラリンピックだけでなく、現在の日本でも同じことが言えるのではないかと思います。


少し話が脱線しますが、久保選手、長田選手が出場を予定している『大分国際車いすマラソン大会』は、グットマンの元で学んだ中村裕が提唱したそうです。


現在では、多くのマラソン大会に車いす部門が併設されていますが、1981年に世界で初めての「車いすだけのマラソンの国際大会」としてスタートしたこの大会は、世界最高峰のレベルの大会として国内外から評価されています。


このような伝統のある大会で、久保選手、長田選手が全力を尽くすことを願っています。


報告会関連記事
報告会
グループ会社訪問とスキー部報告会


車いすマラソン関連記事
車いすマラソンへの挑戦!

活動のお知らせ応援・支援日立ソリューションズスキー部

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.