1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 合宿日記
  4. の中のオーバーホフのスキー環境

[ ここから本文 ]

2011年9月27日(火) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

オーバーホフのスキー環境

2011年9月27日(火)  [新田佳浩]

時差ボケも徐々に解消され、これから本格的な強化トレーニングを行っていきます。


今回初めての合宿となるオーバーホフは、スキーホールという年中クロスカントリーができるというハードの側面だけでなく、様々な形で多くのクロスカントリースキーヤーを受け入れる体制があります。


その1つが、スキーホールでアスリートが使用できる時間とツーリストが使用できる時間が分かれていることです。


クロスカントリーは、自分の体力や技術レベルに合わせて滑ることができることが魅力だと思うのですが、日本ではアスリートが中心にコースを使用するため、一般のスキーヤーやこれから始めたいと思っている方にとってはかなり高いハードルがあるように感じます。


スキーホールでは、ツーリストの時間がしっかり確保されているため、時間になると多くの方が集まり、それぞれのペースで滑っています。


[写真]スキーの様子
(それぞれのペースで滑っている)


[写真]ツーリストの方
(ツーリストの方)


また、オーバーホフの街中では、スキーやポールウォーキングのテクニックを紹介した看板まであります。


[写真]クロスカントリーのテクニックを紹介した看板
(クロスカントリーのテクニックを紹介した看板)


[写真]ポールウォーキングのテクニックを紹介した看板
(ポールウォーキングのテクニックを紹介した看板)


誰でも自分のレベルに合わせてクロスカントリーを楽しむことができる。日本もいつか様々なクロスカントリーの楽しみ方ができるようなシステムにしなければならないと感じる機会でもあります。


関連記事
ドイツ合宿の目標
アルプス山脈を見ながら・・・

クロスカントリースキー合宿日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.