1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のロシア選手の脅威

[ ここから本文 ]

2011年12月21日(水) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ロシア選手の脅威

2011年12月21日(水)  [新田佳浩]

ノルウェー大会は、以下のような結果で全日程が終了しました。


 バイアスロンショート、9位。


 バイアスロンパシュート、8位。


 バイアスロンロング、9位。


 スプリントフリー、準々決勝敗退。


 ミドルクラシカル、8位。


特に1番狙っていたミドルクラシカルでは、3位まで33秒差であるものの、トップのルーシャン選手(ロシア)からは2:08秒も離されてしまいました。


グリップワックスの選択ミス、身体のキレのなさなど、この順位になってしまった原因はあったかもしれませんが、完璧な状態であったとしても3位になるのが精一杯だったと思います。


そのほかのロシア選手も順調に力をつけてきていて、スプリントレースは1~6位までをロシア選手が独占したこともロシアチームの強化が進んできていることを表しています。


ロシアチームの強さは、個々が速いだけでなく30歳前後のベテラン、チームを引っ張るミドル、そして10代の若手が良い意味で刺激し合える関係にあることだと思います。


そのようなチームにこのままでは太刀打ちできないのはわかっていますが、シーズンは始まったばかりです。


まずは年末年始の合宿で原点に戻ってランニング、ウエイトトレーニング、スキーテクニックなどを行い、もう1度立て直しをして次のアメリカでのワールドカップに備えたいと思います。


関連記事
タイムチェック
バイアスロンの成果と課題
フィンランド大会が終わって

クロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.