「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

  1. ホーム の中の
  2. [ノルディックスキー競技]
  3. スキー用具
  4. の中のスキー用具の規制について

[ ここから本文 ]

2012年5月25日(金) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

スキー用具の規制について

2012年5月25日(金)  [新田佳浩]

とあることから、大会で使用するスキー用具のルールについて調べることになりました。


2月のジャパンパラリンピックのあと、IPCノルディック委員長のハンスピーター氏のルールセミナーがあったのですが、正直知らないことだらけでした。


例えば、ゴール前200mはコースが選択できるように幅を広くしているのですが、前に選手がいない限り、コースを変更してはいけないと思っていました。


そして変更した場合は、失格になる。と・・・


FISのルールでは、絶対に変更してはいけないわけではないそうで、状況によって判断されるようです。


日本語と英語のニュアンスの違いなどもあり認識の違いもありますが、情報が上手く伝わらないというのが、日本スキー界の難しさでもあると思います。


今回道具のルールを調べたときに、改めてルールを知らないということに気づかされました。


スキーやポールなどの道具にもルールがあるのですが、スキーの長さの規制は・・・?というと。


選手に聞くとすぐに答えが出ないと思います。(ちゃんと知っている方には申し訳ありません。)


恥ずかしながら私は少し間違った認識をしていました。


スキーの長さは自分の身長より10cm低い長さまで、上限は設けていないようです。
(FISルールブックSPECIFICATIONS FOR COMPETITION EQUIPMENT AND COMMERCIAL MARKINGSより)


ポールの長さも規制されています。


身長より長いポール、お尻の下程度の長さは、禁止されているようです。
(FISルールブックSPECIFICATIONS FOR COMPETITION EQUIPMENT AND COMMERCIAL MARKINGSより)


FISルールブック競技用具について
URL:http://www.fis-ski.com/data/document/edition-2011-12.pdf


選手として競技パフォーマンスを上げることはもちろん必要なことですが、ルールを理解することも安全に競技をするうえで必要なことだと思います。


ちなみにスキー板は、理論上では雪面に接する面積が増えるため長いほうが良いのですが、操作性や硬さなども関係するため実際に乗ってみないとわからないのがスキーの難しさです。


[写真]スキー板
(スキー板)


まだまだ学ぶことが多いと感じる機会でもありました。


ソチまで651日。


自分ならできる。


スキー用具 関連記事
障害者スポーツ選手の用具の工夫
ワックスをしながら思うこと
ワックステストの方法
パラリンピックと道具の問題


▼ 関連コンテンツ
[イラスト]スキー部オリジナルクイズスキー部オリジナルクイズ


▼ 関連特集
[イラスト]荒井秀樹監督荒井監督のパラリンピック競技ノルディックスキー講座

スキー用具競技ルール

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.