1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のワールドカップ・アメリカ大会の開催が決定!

[ ここから本文 ]

2012年10月11日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ワールドカップ・アメリカ大会の開催が決定!

2012年10月11日(木)  [荒井秀樹]

スイスで行われているIPCノルディックスキー委員会の会議で、ワールドカップのウクライナ・ポーランド大会中止に伴い、代替地を検討しました。
すぐに代替地といっても、200人近くのホテル手配やスキー場の確保、100名を超えるボランティアなどなど、簡単には決まりません。


ところが急きょ、アメリカのケーブル・ウィスコンシン州のテレマーク・リゾートで2013年1月12日から20日の日程で開催されることが決定!!
アメリカのパラリンピック委員会や地元のスキークラブのご尽力に感謝です。
日頃から、ボランティア活動がしっかりしていないとできないことです。
日本では、競技団体の意向がとても大切ですが、海外では、この地域のボランティア組織やスキークラブ(総合型地域スポーツクラブと思われる)が大会を運営します。ですから、非常にフットワークがいいのです。


今シーズンは、フィンランドのボッカティとロシアのソチの2大会しか準備ができていなかったIPCワールドカップ。
アメリカの「テレマーク・リゾート」でのワールドカップは、昨シーズンに続けて、2年連続の開催となります。
種目は、クロスカントリースキーが、フリー競技のミドル(男10k、女5k)と同じくフリーのロング(男30k、女子 20k)、そしてクラシカル競技のスプリント1kの3レース。
バイアスロンは、ロング(男15k、女12.5k)とショート(男7.5k、女6k)、ミドル(男12.5k、女10k) の3レース、計6レース行われます。


寒さがとても厳しいところですが、昨年は新田佳浩選手の20kmクラシカル優勝など、日本選手が活躍した縁起のいいコースです。
お正月あけの1月9日出発で、早速遠征の手続や準備を始めたいと思います。


[写真]シットスキー選手たち
(寒さが厳しいケーブル、毛布をかけてスタートを待つシットスキー選手たち(2012年1月))


【インタビュー&現場体験レポート 荒井監督が語る選手たち】
Q. 久保恒造選手はどのような選手ですか?
Q. 太田渡子選手の技術的な強みはどのような点ですか?
Q. 阿部選手との出会いを聞かせて下さい。
Q. 長田選手に期待することを聞かせてください!
Q. 新田選手の強みはどのような点ですか?


関連記事
日程発表!IPCワールドカップ、世界選手権大会、プレパラリンピック大会
今シーズンのワールドカップが終了して
クロスカントリーの年間総合ランキング2位
ワールドカップ バイアスロン年間総合2位獲得
アメリカ大会が終わって

ワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.