「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中のトナカイ肉料理

[ ここから本文 ]

2012年12月26日(水) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

トナカイ肉料理

2012年12月26日(水)  [荒井秀樹]

日本の方でトナカイの肉を食べた人は、あまりいないと思いますね。きっと。
クリスマスのサンタさんが乗ってくるどこか憎めない顔のトナカイ君。


そんな子供たちの楽しみにしているサンタさんのトナカイ君の・・・、お肉をご馳走になりました。
ボッカティの地元のフィンランド料理店、「KIPPO」というお店です。


スターターとメイン、デザートのトナカイコースでしたが、最初は、トナカイ肉の燻製風生肉で、馬刺しを思い出しましたが、とても甘みがあって美味しかったです。


[写真]トナカイ肉の燻製風生
(トナカイ肉の燻製風生)


メインのステーキは、レアのトナカイ肉でしたが、僕は、ビーフにしてもらいました。
みんなから、「え~」と言われましたが、


以前に、地元のハンティングクラブに連れられて、トナカイ狩りに行ってきたのですが、なかなかできない体験を走馬灯のように思い出して・・


[写真]アンティと狩りに出かけた
(アンティと狩りに出かけた時(2009))


仕留めたトナカイを、ハンターの方の倉庫に運んで、チェーンでつるして、その場で解体し、参加者全員で、お肉を分けました。
手伝えと言うので、チェーンをつかんでいましたが、みんな、とても上手で、あっという間に解体していくので、ビックリ!
僕の実家は北海道の開拓団でしたが、昭和30年代、牛や羊、鶏などの生き物を農家の自宅でみんな解体していました。


トナカイ肉は、何回か食べたことがあるので、今回は、おとなしく・・・。
でも、隣にいた友里香は、お肉なら何でも大好きなようで、「美味しい、美味しい!」とトナカイ君を食べていました。
このトナカイパワーで!友里香も将来、金メダルを取れる選手に成長してほしいです・・・


[写真]トナカイのステーキを食べました
(トナカイのステーキを食べました)


関連記事
阿部友里香選手がクラシフィケーションを受けました
フィンランドより 阿部友里香選手からのメッセージ

フィンランド監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.