「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のワールドカップ第2戦での成果と課題

[ ここから本文 ]

2013年1月23日(水) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ワールドカップ第2戦での成果と課題

2013年1月23日(水)  [新田佳浩]

アメリカで行われたワールドカップ第2戦が終了しました。
久保選手がバイアスロン3種目ですべて優勝、太田選手は出場したすべての種目で表彰台。特にバイアスロンショートでは、強敵Anna選手(RUS)を抑えて5年ぶりの優勝は世界選手権に向けて良い弾みになったと思います。


私自身はどうだったかというと・・・


フリーミドル:6位
クラシカルロング:2位
フリースプリント:5位
バイアスロンショート:4位


[写真]新田佳浩選手
(クラシカル20km)


ロシア、ウクライナの選手が出場していなかったことを考えると、クラシカル以外でも表彰台に立ちたかったというのが本音です。


でも1つだけでも表彰台に立てたこと。


そしてバイアスロンショートの最終ラップはトップだったマーク選手(CAN)と同じタイムで回ることができたことは、ようやく明るい兆しが見えたように感じます。


実際、クールダウンをしているときにカナダのRobinコーチが「Very Good!!」と声をかけてくれました。


ただ、焦ってしまうと元に戻ってしまうので、「常に頭は冷静に!!」ということを心がけていないといけません。


年末年始である程度滑り込んだこともあり、身体の動きなど良い流れになってきてはいます。


ただ、課題ははっきりしています。


今大会でクラシカルのロングの1周(2.5km)のタイムが6:33。


このタイムと変わらないタイムで滑りきることができれば、20kmが52:24.0。


ところが20kmのタイムが、54:32.8。


2分以上タイムが遅れています。


ちなみに視覚障害クラスで優勝したBrian選手(CAN)は、2.5kmが6:38でタイムが52:00.2。


Brian選手は押さえ気味に入ったから、徐々にタイムを上げていくことができたのかはわかりませんが、私自身のタイムが遅れていったことは今後の課題です。


徐々に遅れたのが、入りのタイムが速かったからなのか?技術的な問題があったのか?ワックスだったのかを検証していく必要はありますが、最後までタイムが落ちないように滑りきることが今後の課題です。


2月に行われる世界選手権、そしてソチのプレ大会で、「スタートからゴールまでタイムが落ちることなく滑りきること」ができれば、海外選手にも負けないと思います。


今シーズンの最大目標は、3月16日のクラシカルロングで優勝。


残りの期間をどのように過ごすか。それで大きく成績が変わってきます。


自分ならできる。


その信念を忘れることなく、シーズン後半にもう1度気持ちを引き締めて頑張ります!!


関連記事
IPCノルディックスキーワールドカップ第2戦アメリカ大会[関連記事まとめ]
新田佳浩選手と荒井監督のコメント ワールドカップ第2戦2日目
【動画メッセージ】ワールドカップ アメリカ大会に出発する選手たち
心機一転
2012-2013シーズン 日立ソリューションズスキー部 活動スケジュール イベントカレンダー

ワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

選手の皆さん、お疲れ様です。1月24日(木)尾花沢は、この冬一番の快晴でした。O中学校の4階からは、きっと鳥海山、朝日連峰、くっきりと見えたはず。地元の人ならみんな知っていることなのですが、こういう日の翌日は大荒れになるのです。明日は吹雪かな。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.