• みんなのいいねで選手を応援しよう
  • 応援メッセージ&プレゼントキャンペーン
  • 応援メッセージご紹介

 

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 大会日記
  4. の中の久保恒造選手 トップと0.5秒差の2位!

[ ここから本文 ]

2013年3月 1日(金) [日立ソリューションズスキー部]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

久保恒造選手 トップと0.5秒差の2位!

2013年3月 1日(金)  [日立ソリューションズスキー部]

IPC障害者ノルディックスキー世界選手権大会第4日、バイアスロン・ショートで2位に入った久保恒造選手と荒井監督のコメントです。
引き続き、応援よろしくお願いします!


▼久保恒造
今回の世界選手権では今日のレースに合わせてきたので、コンディションが良い状態でレースを迎えることができた。
射撃に関しては、横風が非常に強かったので、冷静に風を読んで対処することを意識した。
滑りに関しては、身体が動いていたのと、板も滑っていたので、手応えを感じていた。
当初、ロシア・ロマン選手をターゲットに据えていたが、レース中グリゴリ選手の滑りが非常に良く、レベルの高い射撃をするので、グリゴリ選手を意識したレースに切り替えた。
明日のレースは、強豪ロシア勢から逃げる展開になるので、気持ちを強く持って臨みたい。


▼荒井秀樹 監督
久保恒造のバイアスロン初戦は、0.5秒の僅差で優勝を逃した。悔しいレースだったが、強豪ロシア勢に勝つには、今年の課題である射撃タイムの短縮が最重要だ。
風やレース展開を読みながら、射撃をレベルアップさせなければならない。この課題さえ自分のものにすれば、より勝利に近づくと確信した。
明日はミドルレースなので、今日の成果と課題を整理して臨みたい。
立位の佐藤圭一、太田渉子、出来島桃子も好調なので、明日、期待している。


(出典元:障害者クロスカントリースキー日本チーム ニュースリリース


関連記事
荒井監督が語る久保恒造選手
最終戦バイアスロン・ロングレースで課題が明確に
改めてバイアスロンの面白さを知る

バイアスロン大会日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.