1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のソチパラリンピックに向けてトレーニングの効果を実感

[ ここから本文 ]

2013年9月 2日(月) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ソチパラリンピックに向けてトレーニングの効果を実感

2013年9月 2日(月)  [新田佳浩]

先日、プレスリリースがありましたが、ソチのパラリンピックコースをシミュレーションした「アバタープロジェクト」を同志社大学で行ってきました。


8月28日は練習公開日ということもあり、テレビ、新聞など多くの方に来場頂き、プロジェクトをご覧いただきました。


私の考えるこのシステムの優位性は、まずソチに行かなくともコースをイメージしたトレーニングができること。


そしてトレッドミルによってスピード、斜度など同じ環境で行うことで、乳酸値や心拍数などを管理することが容易になります。


月に1回程度行うことで、合宿や日常トレーニング成果を客観的に評価できることもこのシステムの良さです。


6月に行ったときは、心肺機能・肉体的もきつくて途中でトレッドミルを止めてもらったレイアウトも今回は問題なくクリアできました。


倶知安での合宿の成果、そしてこれまでのトレーニングの方向性が間違っていなかったという証明にもなり、少し安心しましたが勝負はまだまだこれからです。


[写真]倶知安でトレーニングする新田佳浩選手
(倶知安でのトレーニングの様子)


来週からはフィンランドのVuokattiでスキートンネルを使用して雪上合宿を行います。


ローラースキーとスキーでは、キックのタイミングや下半身の使い方が若干違うため、無駄な動きのない効率的な動きができているかチェックできる合宿でもあります。


目標はあくまでも世界で勝つこと。


そのためにいままで多くの方に協力してもらいました。


自分ならできる。


そのことを夢見て・・・


ソチまで残り186日。


[写真]新田佳浩【インタビュー&現場体験レポート
第5回 新田佳浩選手】

ジムトレーニングの秘訣を学ぶ


ソチパラリンピックコース関連記事
新田佳浩がソチでスキーテスト
ソチパラリンピックのコースを滑る
ソチ五輪・パラリンピックコースの調査へ
ソチパラリンピックのコース


新田佳浩関連記事
新田佳浩選手のコラムが毎日新聞にて始まりました
ご報告と全日本合宿

パラリンピックトレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.