1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 合宿日記
  4. の中の今シーズン初の海外遠征

[ ここから本文 ]

2013年9月17日(火) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

今シーズン初の海外遠征

2013年9月17日(火)  [新田佳浩]

スキートンネルや射場など施設、そして車椅子の選手も自由にいろいろなトレーニングができることから毎年来ているVuokattiですが、9月に来るのは初めてです。


10月中旬になると昨シーズン、人工降雪機で作った雪をコースに敷き詰めてコースを作るタイミングにあわせて来ているので、いつもと違った雰囲気のフィンランドです。


[写真]フィンランド、宿舎から見える景色
(宿舎から見える景色)


ただやることは、変わりません。


前回のブログでも書きましたが、雪上でのキックや技術の確認。


そしてシーズンインするまでの残りの期間でレースで戦える身体作りをすること。


そこがこの合宿の目的です。


今回の合宿期間中にロシアのパラリンピックチームが来ました。


監督、コーチ、選手から「久保は来ていないのか!?」と聞かれます。


やっぱりロシアチームも相手の仕上がり具合や調子をチェックしたいんだなぁ。と思いつつ、こちらもロシア選手の状態をチェック。


パラリンピックシーズンなので、かなり順調にトレーニングができているようです。


昨シーズンはあまり意識していませんでしたが、若手の新鋭ルーシャン選手の技術やパワーは素晴らしい。


そしてエネルギッシュ溢れる走法でスタートからゴールまで駆け抜けます。


私が20代前半のときはどうだったかなぁなんて思ったりもしますが・・・


ただ、相手を賞賛するのはイヤです。


このまま引き下がるわけにはいきません。


私だって意地があります。


最善を尽くした結果、どんな成績であっても頑張った!!と思う努力だけはします。


「負けたくない」そんな単純な思いかもしれませんが、ロシア選手を見てさらにそんな気持ちが強くなりました。


[写真]新田佳浩【インタビュー&現場体験レポート
第5回 新田佳浩選手】

ジムトレーニングの秘訣を学ぶ


Vuokatti関連記事
フィンランド合宿、阿部由香里コーチの便り
ボッカティでタイムレース
フィンランド合宿は... 温暖化の影響!?


関連記事
新田佳浩選手のコラムが毎日新聞にて始まりました
ソチパラリンピックコースのシミュレーションシステム「アバタープロジェクト」を発表

合宿日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.