1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. トレーニング
  4. の中の刺激

[ ここから本文 ]

2013年10月16日(水) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

刺激

2013年10月16日(水)  [新田佳浩]

ラムサウに来て1週間が経ちました。


標高2700mの高所にも徐々に慣れてきたので、スピードを上げた状態での持久走も出来るようになって来ました。


基本的に高所では持久走とスキーのテクニックの確認が中心ですが、街中ではIntensity(きつい)トレーニングが中心です。


目的を持ってトレーニングをしているとあっという間に1日が過ぎてしまいます。


ラムサウには各国の選手がソチに向けてトレーニングを行っています。


私は6月にスキー連盟から内定を頂いていますが、他のチームはこれからが本番です。


9月にVukattiに来ていた選手がラムサウにも来ていたので、話しをすると・・・


まだ、ナショナルチームではないが、11月に行われるフィンランドのムーニョのレースがオリンピック選考で重要になるとのことでした。


「どうにかして代表になろう!!」その思いをもって日々トレーニングしている姿を見るとこちらまで刺激を受けます。


今日はローラースキーコースで、2kmのインターバルを行っていたのですが・・・


全く知らないコーチから、「ブラボー!!」「グッド!!」との応援が・・・


行っているトレーニングや目的は違うかもしれないけれど、目標は1つ。


そのために最善を尽くしているからこそ、言葉や文化というものを越えて共感するものがある。


それこそがスポーツの魅力でもあると思います。


シーズン前のこの時期は、やはりちょっと独特ですがその雰囲気がいよいよシーズンインなんだと思わせてくれます。


この時期には珍しく街中にも雪が積もったので、記念に写真を・・・


[写真]ラムサウの街中からみたトレーニングを行っている山
(ラムサウの街中から)


写真の山の頂上でトレーニングを行っています。


関連記事
[写真]新田佳浩【インタビュー&現場体験レポート
第5回 新田佳浩選手】

ジムトレーニングの秘訣を学ぶ


めざせ、ソチパラリンピック!トレーニング編[関連記事まとめ]
ソチパラリンピックに向けてトレーニングの効果を実感
荒木雅信先生のメンタルトレーニング
ソチパラリンピック事前調査、テストイベント[関連記事まとめ]

パラリンピック合宿日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.