1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 合宿日記
  4. の中のスキーって奥深い

[ ここから本文 ]

2013年11月15日(金) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

スキーって奥深い

2013年11月15日(金)  [新田佳浩]

Vuokattiに来て、2週間になりました。


来月のこの時期はカナダでW杯が始まります。


そう考えると、いよいよシーズンイン、そしてソチが迫ってきたように感じます。


シーズン中は大会に向けてのコンディショニングがトレーニングの中心なので、シーズン初めのこのタイミングでしっかり心肺、肉体を追い込みながら、夏場のローラースキーでのイメージをスキーに順応させることが非常に重要です。


9月、10月と海外で雪上トレーニングを行ったので、良いイメージはキープしているのですが、実践に近いスピードトレーニングを行うと成果や課題も見えてきます。


自信のあるクラシカルは、非常に良い状態でヘッドコーチやトレーナーからも【順調】とのお墨付き。


問題はスケーティングですが、ゆっくり滑っているときは良いのですが、スピードを上げるとフォームがバラバラに・・・


何年やってもなかなか自分のイメージ通りの滑りになるには時間がかかります。


「こんな感じかな?」「こんな滑りだとどうかな?」などと試行錯誤をしていると、オーバートレーニング気味に・・・


この合宿では、10年以上クロスカントリーチームのトレーナーをやってもらっている白戸篤志さんが帯同してくれているので、トレーニング後は身体のケアをしてもらっています。


[写真]白戸篤志さんにトレーニング後のケアをしてもらう新田佳浩
(トレーニング後のケア)


[写真]新田佳浩【インタビュー&現場体験レポート
第5回 新田佳浩選手】

ジムトレーニングの秘訣を学ぶ

関連記事
刺激
ソチパラリンピックに向けてトレーニングの効果を実感
クロスカントリースキーの雪上トレーニング[関連記事まとめ]
ローラースキーとは

合宿日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.