1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のクロスカントリースキー・ミドル・クラシカルで5位になった新田佳浩選手と荒井秀樹監督のコメント

[ ここから本文 ]

2014年1月 9日(木) [日立ソリューションズスキー部]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

クロスカントリースキー・ミドル・クラシカルで5位になった新田佳浩選手と荒井秀樹監督のコメント

2014年1月 9日(木)  [日立ソリューションズスキー部]

国際パラリンピック委員会(IPC)主催のワールドカップ(W杯)第2戦フィンランド大会1日目、クロスカントリースキー・ミドル・クラシカルで5位になった新田佳浩選手と荒井秀樹監督のコメントです。
引き続き、応援をよろしくお願いします!


ワールドカップ第2戦フィンランド大会1日目結果


新田佳浩
今日のレースを終えて、初戦のカナダ大会より調子は良くなってきたので、海外選手と戦える位置に近づいてきたと感じることのできるレースだった。ただ、中盤以降のタイムロスが順位を非常に大きく変えるレースだったので、第3戦のドイツ大会のミドルレースでは修正していきたい。


荒井秀樹 監督
初戦のクラシカルレース10㎞に出場した新田佳浩は、中盤の5㎞地点で3位まで追い上げをみせたが、惜しくも5位。ライバルのイルカ選手(フィンランド)と最後まで接戦で、前回のカナダ大会より、良い状態になってきている。
後は、ドイツ大会でのクラシカルレースで、どこまで追い込んで行けるかが課題だ。


シットスキー10㎞の久保恒造は10位だった。旧型のシットスキーをテストしてみたが、平地などで差を付けられている。登りでは、トップと互角か、ほぼ同タイム。明日は、新型シットスキーで臨む予定。ソチ本番に向けて、ワックスや用具など、万全な態勢を作り上げていきたい。


今日出場した代表選手5名とジュニア選手2名は、持てる力を出しきったレースだったと思う。明日はバイアスロン競技へも繋がるレースなので、チーム一丸となって臨みたい。今年も日本チームへの応援をよろしくお願い致します。


(出典元:障害者クロスカントリースキー日本チーム ニュースリリース


みんなの「いいね!」でソチを目指そうキャンペーン


関連記事
ワールドカップ フィンランド大会に出発する選手、監督からの動画メッセージ
ワールドカップ第1戦カナダ大会結果

ワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.