1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. トレーニング
  4. の中の体力測定 最大酸素摂取量の結果から

[ ここから本文 ]

2014年6月23日(月) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

体力測定 最大酸素摂取量の結果から

2014年6月23日(月)  [新田佳浩]

6月18日に横浜市スポーツ医科学センターで体力測定を行いました。


体力測定の項目は、形態計測、無酸素性能力として筋力、有酸素性能力として最大酸素摂取量を測定します。


形態測定、筋力はそれほど変化なかったのですが、クロスカントリーで重要だといわれている最大酸素摂取量は、過去最低に近い結果になってしまいました。


測定を行う前から予想できていたことでしたが、数値に表されるとショックでもありました。


このような結果になってしまった原因は明らかです。


単純にトレーニング対する姿勢や取り組みが中途半端だということです。


過去より強い自分でいるイメージができない。


苦しいトレーニングを我慢強くできない。


根本的にやる気がおきない。


燃え尽き症候群に近い状況でした。


今回の結果で簡単に気持ちが切り替わって、良い方向に向かっていくわけではありませんが、今回一緒に測定した佐藤圭一選手は過去最高の記録。


身近に刺激になる相手がいるので、もう一度気を引き締めてトレーニングをやろうという気持ちになりました。


まずは過去の自分を上回る。


少なくとも過去の自分より強くならなければ、ピョンチャンパラリンピックでの金メダルはおろか、メダルも獲得することができません。


まだ4年ではなく、あと4年しかない。


そう考えるとここで立ち止まっているわけにはいきません。


7月からは本格的に合宿を行うので、まずは合宿に耐えられる身体を作ることからはじめていきます。



関連記事
[写真]新田佳浩【インタビュー&現場体験レポート
第5回 新田佳浩選手】

ジムトレーニングの秘訣を学ぶ


クロスカントリーの競技パフォーマンスをあげるために必要なこと
体力測定からみえた現状と今後の目標
ソチパラリンピック対策ミーティングと国立スポーツ科学センターの見学
好成績を裏付ける久保選手のVO2max体力測定

トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.