1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中のニュージーランドにてロストバゲージ

[ ここから本文 ]

2014年8月19日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ニュージーランドにてロストバゲージ

2014年8月19日(火)  [荒井秀樹]

クイーンズタウン空港に到着、雪が降っていて真夏の東京から一気に真冬に。
ターンテーブルで荷物を待っていたけど出てきませんでした。またか・・・ロストバゲージ。
係の人に手荷物預かり証のタグと航空券をみせ、手荷物紛失報告書を書いて、荷物の特徴と何が入っていたか、特にニュージーランドは持ち物が厳しいので、細かく聞かれました。
土のついた靴は入っていないか?食べ物は入っているか?洗面用具は何色のケースか?どんな洗面用具が入っているか?などなどです。


[写真]クイーズタウン空港
(クイーズタウン空港に到着、荷物が届いていない・・・)


ホテルの住所と電話番号を知らせ、届けてくれるようにお願いして、「オーバーナイトキットが欲しい」とリクエストすると航空会社の洗面用具や靴下、パジャマや下着などのセットをもらえました。
今までの経験で、黙っているともらえないときがありましたので、必ず強く言うことが大切です。
これまでもロストバケージを経験したなかで、昔もらったフィンエアーのキットはしっかりしたポーチにいろんなものが入っていましたが、最近のキットは簡易なものになっていました。
(そんなところからも、航空会社の経営状態が分かるような気がします)


[写真]オーバーナイトキット


以前、国際会議で南アフリカに行った時も、出てきませんでした。
治安が悪いと聞いていたので、このときは荷物をあきらめていましたが、出てきてホッとした思い出があります。そんなハラハラドキドキした南アフリカ航空のナイトキットのアフリカっぽいポーチは今でも使っています。
多分、いろんな会社のナイトキットを持っている人は少ないと思います。
それだけに、私はついていない人ですね。
カンタス航空のパジャマはサイズが大きいので、息子のお土産にしました・・・
着るものがないので、めちゃくちゃ寒かったですが、
東京を出るときに半袖のポロシャツで、もしもと思って、薄いフリース1枚を機内への持ち込み手荷物の中に入れていました。


ホテルまでいつもだと車で1時間半ですが、凍結した路面のために、3時間以上もかかってしまいました。
チェーンをつける車で渋滞が起き、ガードレールにぶつけた車や動けない車が道路脇に止まっていました。
なんとか無事到着して、夕飯をすませ、寝ようかなと思っていたときに、係の人が荷物を持ってきてくれました。
夜の11時ぐらいだったのですが、凍っている峠を越えて、そこからまた山に上がって山頂のホテルに届けてくれたと思うと、感謝です。
スキー客や観光客を大切にしているニュージーランド、急に幸せな気分に・・・


[写真]渋滞
(峠を越える手前はチェーンをつける車とガードレールにぶつかっている車で渋滞していました)


[写真]荷物
(深夜、荷物が届きました)


関連記事
アイスランド火山噴火
車椅子での飛行機の乗り方


ニュージーランド関連記事
ニュージーランドのクロスカントリースキー事情
ニュージーランド南島 標高1600mで

監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.