1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 合宿日記
  4. の中のクラシカル走法でタイムトライアル

[ ここから本文 ]

2014年8月27日(水) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

クラシカル走法でタイムトライアル

2014年8月27日(水)  [荒井秀樹]

阿部友里香選手はニュージーランドの南島クイーンズタウンから車で1時間半ほどのところにある標高1800m、スノーファームで雪上トレーニングに励んでいます。
今シーズンから専属コーチになった長濱一年コーチの熱心な指導が続いています。


今日は、タイムトライアルの日。
2.5kmコースを2周で5kmのタイムトライアルを行う予定でしたが、カナダのマーク選手がバイアスロンの22口径実弾で射撃トレーニングしていることから、右側のコースが閉鎖されていたので、事前に予想はしていましたが、6kmコースでタイムトライアルにしました。走法はクラシカルで行いました。


[写真]スノーファーム
(スノーファーム)


長濱コーチから前日、「早め早めの準備をして、決められた時間には、すぐスタートできるように」とアドバイスをもらっていた選手たちは、早めのウォーミングアップやグリップのワックス合わせを済ませてスタート。
出来島桃子選手(新発田市役所)は、スケーティングとバイアスロンに特化してきたので、久しぶりのクラシカルトレーニングとタイムトライアルでした。


[写真]出来島選手クラシカルでタイムトライアル
(出来島選手、久しぶりのクラシカルを頑張っていました)


阿部友里香選手は得意としているだけに、最初から飛ばして身体が動いていました。
リアルタイムで出来島選手に1分30秒以上の差があり、今後、さらに上をめざして頑張ってもらいたいと思います。


[写真]阿部友里香選手
(ラスト500m頑張れ)


夜のミーティングでは、長濱コーチが、選手としての心構えやニュージーランドの登山家でエベレスト人類初登頂したエドモンド・ヒラリー氏の逸話を話してくれました。
僕たちはスキーを通じて心身ともに鍛えようとトレーニングに励んでいますが、僕自身、人間的にももっと成長したいと思えたミーティングでした。


[写真]ミーティング
(ミーティングでタイムトライアルのビデオでチェック)


関連記事
チーム一体となって完成させたグリップワックス
クロスカントリースキーの雪上トレーニング[関連記事まとめ]
クロスカントリースキーとは?

クロスカントリースキー合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.