1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のワールドカップフィンランド大会 4日目の結果

[ ここから本文 ]

2014年12月15日(月) [アウローラ]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ワールドカップフィンランド大会 4日目の結果

2014年12月15日(月)  [アウローラ]

国際パラリンピック委員会(IPC)主催のワールドカップ(W杯)第1戦が12月10日にフィンランド・ヴォッカティで開幕し、大会4日目の男女クロスカントリースキー・スプリント・フリーが行われました。
日本からは3選手が出場し、男子立位の佐藤圭一選手(エイベックス・グループ・ホールディングス)が10位、岩本啓吾選手(東京美装興業)が25位、女子立位の出来島桃子選手(新発田市役所)は10位でした。
日本選手の成績と各種目優勝者は以下の通りとなります


IPCノルディックスキーワールドカップ第1戦
フィンランド大会4日目

■開催日/12月14日(日)
■スタート時間/午前10時00分
■時差/日本より-7時間
■開催地/フィンランド・ヴォッカティ
■天候/晴れ ■気温/-4℃
■雪温/-2.8℃
■開催種目/男女クロスカントリースキー・スプリント・フリー
 立位男子1.3km、立位女子1.3km
●競技方式
・予選を行い、準決勝、決勝を行うノックアウト方式
・予選上位12人が準決勝へ進出、2組に分かれて決勝進出を競う
・各組上位3人が決勝へと進み、決勝は6選手で競う


【男子】
▼立位の部
佐藤圭一(エイベックス・グループ・ホールディングス) 10位(予選タイム:2分54秒77)
岩本啓吾(東京美装興業) 25位 3分秒36秒31
[優勝:セルゲイ・ラプキン(ロシア)(予選タイム:2分41秒16)]


【女子】
▼立位の部
出来島桃子(新発田市役所) 10位(予選タイム:3分56秒18) 
[優勝:アレクサンドラ・コノノバ(ウクライナ)(予選タイム:3分13秒82)]


(出典元:障害者クロスカントリースキー日本チーム ニュースリリース


関連記事
クロスカントリー・ミドルで4位になった新田佳浩と大平紀夫ヘッドコーチのコメント
ワールドカップフィンランド大会 2日目の結果
【速報】バイアスロン・ショートで阿部友里香が7位!
バイアスロン・ショートで7位になった阿部友里香と大和田いつかバイアスロンコーチのコメント

クロスカントリースキーニュースワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.