1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のバイアスロン・スプリントで6位になった阿部友里香と荒井秀樹監督のコメント

[ ここから本文 ]

2014年12月17日(水) [アウローラ]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

バイアスロン・スプリントで6位になった阿部友里香と荒井秀樹監督のコメント

2014年12月17日(水)  [アウローラ]

国際パラリンピック委員会(IPC)主催のワールドカップ(W杯)第1戦5日目、バイアスロン・スプリントで6位になった阿部友里香と荒井秀樹監督のコメントです。


ワールドカップ第1戦フィンランド大会5日目結果


▼阿部友里香 選手
今回は初めてエレクトロニック銃を使用したレースでした。
やはり普段のバイアスロンのレースとは違うので心配もありましたが、バイアスロンコーチのおかげもあり落ち着いてレースに臨むことができました。
走りのほうでは最後まで諦めず走ることができましたが、まだまだ他国との差は大きいのでつぎの大会までに改善するようにしたい。


▼荒井秀樹 監督
フィンランドワールドカップの最終レースは、今回初めて電子銃による、バイアスロンレースだった。
大会側が用意した電子銃は10丁しかなく、10人以上のエントリーの場合は、グループを2つに分けてレースが行われた。
阿部友里香は、1回目の射撃は満射で3位と18秒差につけて2周目へ向かった。2回目の射撃で1発外し、7位に順位を落としたが、ロシアのナターリアとの17秒差を逆転し、順位を6位に上げた。
佐藤圭一は1回目の射撃で2発外して出遅れ14位だった。2回目の射撃は満射で12位でゴールした。


電子銃でのレースは、大きなトラブルもなく終了したが、エアライフルと違い風の影響を読んだりすることがない点、一部選手からは不満の声があがった。今後パラリンピックを発展させていくためには、エアライフルと電子銃とのどちらを選択するかが議論されていくだろう。


これでフィンランドワールドカップが終わりました。国内に戻りすぐに年末年始の旭川合宿、そして1月11日の全日本大会になります。
皆さんの応援ありがとうございました。


(出典元:障害者クロスカントリースキー日本チーム ニュースリリース


関連記事
【速報】バイアスロン・スプリントで阿部友里香が6位!
IPCバイアスロン電子銃作業部会
電子銃でバイアスロンレース

バイアスロンワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.