1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 大会日記
  4. の中の阿部友里香の満射

[ ここから本文 ]

2015年2月 2日(月) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

阿部友里香の満射

2015年2月 2日(月)  [荒井秀樹]

世界選手権大会が始まった。
足の具合が心配な新田佳浩は、大事をとって欠場させ、2月13日から日本で開催されるワールドカップに向けて旭川で調整し、万全な状態で臨む。


出場するバイアスロンの阿部友里香、出来島桃子(新発田市役所)、佐藤圭一(エイベックス・グループ・ホールディングス)の3名と、クロスカントリースキーの岩本啓吾の選手4名。コーチ陣はバイアスロン1名、クロスカントリースキー2名、ワックスコーチ、トレーナー、総務と監督で、総勢11名で参戦している。


大会の初日は、バイアスロンスプリント
昨シーズンまではショートとの名称だったがルール改正され、立位の男子は2.5kmを3周、女子は2kmを3周と2回の射撃(1回5弾)を行う。
射撃を1発外すとペナルティーループ(座位100m、立位・視覚は150m)を1周まわるレース。


[写真]最初にライフルチェックが行われる
(最初にライフルチェックが行われる)


阿部は、射撃が好調で、初めての満射(すべて命中すること)で走力も良く順位を上げた。
3位のマイヤ選手(フィンランド)と競ったが、走力で勝るマイヤに逃げられ、悔しい4位だった。
長濱一年コーチからは、「今日の友里香は、きつい上りもしっかりとポールを使い、いい走りになってきている」と評価を受けた。後半行われるクラシカルレースに期待している。


[写真]満射の阿部友里香
(満射の阿部友里香)


[写真]粘りを見せた阿部友里香の上り
(粘りを見せた阿部友里香の上り)


出来島、佐藤もメダルをめざして奮闘したが、射撃ミスで上位にあがれなかった。
ただ走力も上向きで、世界大会6位以上の入賞を期待している。


[写真]佐藤圭一の射撃
(佐藤圭一の射撃)


[写真]出来島桃子の射撃
(出来島桃子の射撃)


[写真]出来島桃子
(出来島桃子)

大会日記監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.