1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のクロスカントリースキー・スプリント・フリーで2位になった阿部友里香と、長濵一年コーチのコメント

[ ここから本文 ]

2015年2月18日(水) [アウローラ]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

クロスカントリースキー・スプリント・フリーで2位になった阿部友里香と、長濵一年コーチのコメント

2015年2月18日(水)  [アウローラ]

国際パラリンピック委員会(IPC)主催のワールドカップ(W杯)第2戦4日目、クロスカントリースキー・スプリント・フリーで2位になった阿部友里香と、長濵一年コーチのコメントです。


【速報】クロスカントリースキー・スプリント・フリーで阿部友里香が2位!


阿部友里香 選手
今日は予選のときスローペースでのスタートになってしまったため、決勝ではピッチを上げて滑ることを心がけた。決勝時に上りで追い越されてしまったが、前を行くブリタニーに必死に食らいつき、板が抜群に滑っていたのでゴール手前で差を詰めることができ、最後の直線で競り勝つことができた。
レースを振り返ると、上りから下りに入る時しっかり足を入れ勢いをつけて下っていくことができ、また滑る板を作ってくれたワックスマンに感謝したい。明日は最終日なので、最後までしっかり滑り抜きたい。


長濵 一年 クロスカントリーコーチ
大会4日目、スプリントフリー競技が行われた。 日本は立位・視覚・座位の部に選手をエントリーしメダル獲得に臨んだ。その中で女子立位の部に出場した阿部友里香が、ファイナル決勝でスタート直後から激しい2位争いを繰り広げデットヒートの末、ほんの僅かな差で先にゴールに飛び込み見事、銀メダルを獲得した。
今日の阿部は技術とレースの先々を読めるほどの冷静さがあり、特に技術面では大きく滑らすスケーティングと地形にあった走法の使い分けができて、制動を落さないほぼ完璧なレース運びができた。今日のレースは阿部自身を新たに成長させる内容であり高く評価したい。
旭川大会も明日が最終日となるが、我々は最後まで攻めのあるレースを心がけ一つでも多くメダル獲得ができるよう頑張って行きたい。


(出典元:障害者クロスカントリースキー日本チーム ニュースリリース


ワールドカップ旭川大会 関連記事
2015 IPC クロスカントリースキー ワールドカップ旭川大会に向けてのコメントが届きました!
日本選手団
旭川大会 準備の舞台裏
旭川とクロスカントリースキーの紹介


>> ワールドカップ旭川大会に関する記事一覧

ワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.