1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の阿部友里香が奮闘して3位、新田佳浩悔しい4位

[ ここから本文 ]

2015年2月18日(水) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

阿部友里香が奮闘して3位、新田佳浩悔しい4位

2015年2月18日(水)  [荒井秀樹]

2月14日、いよいよレースが始まった。
アジアで初のワールドカップ、1998年の長野パラリンピック以来、念願だった国際大会を開くことができた。当時、競技団体もなく、選手やコーチも少人数だったが、気持ちが大きく、若い選手やコーチたちと、「いつかは日本でワールドカップを開けるぐらい力をつけたいね」とみんなで夢を語ってきた。
そんな「夢」だったことが、現実となって、それも私の故郷の旭川で開催でき感無量だ。
ここまで、大変な道のりだったが、改めて、関係各位に、皆様全員に感謝します。そして大先輩の皆様にもご報告します。


レースは、クラシカル男子10k、女子5k。
新田の得意な種目だったが、カナダのマークの逆転を許し悔しい4位だった。ただ、ソチパラリンピックの金メダリスト、ロシアのルーシャンにコンマ1秒の僅差で勝つことができた。強国のロシアの一角を崩すことができたことは大きく、明日のレースに繋がる結果になった。


[写真]新田佳浩選手スタート
(新田佳浩選手スタート)


[写真]久保恒造選手スタート
(久保恒造選手スタート)


[写真]長田弘幸選手スタート
(長田弘幸選手スタート)


[写真]レースを終わって
(レースを終わって)


阿部友里香が奮闘し3位。シットスキーのメンバーも力を出し切ってくれた。
応援の観客、メディアも多く凄い盛り上がりに、各国の監督たちも興奮していた。


[写真]阿部友里香
(阿部友里香)


[写真]寒い中、応援する観客の方たち
(寒い中、応援する観客の方たち)


[写真]表彰式 たくさんのメディアが集まった
(表彰式 たくさんのメディアが集まった)

[写真]前走の子供たち
(前走の子供たち)


[写真]フラワーセレモニーの花束
(フラワーセレモニーの花束)

旭川ワールドカップワールドカップ監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.