1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の新田佳浩銀メダル 涙の表彰式

[ ここから本文 ]

2015年2月18日(水) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

新田佳浩銀メダル 涙の表彰式

2015年2月18日(水)  [荒井秀樹]

新田佳浩が激走をみせ2月15日のスプリント・クラシカルで銀メダルを獲得した。
予選、準決勝、そして決勝と戦い、本人の頑張りはもちろんのことチームの結束とワックスチームの勝利だ。
そして、コース脇から熱い声援を頂いた大応援団の力も背中を押してくれた。


[写真]新田佳浩2位 涙の表彰式
(新田佳浩2位 涙の表彰式)


表彰台の真ん中には、まだまだ取り組まなければいけない課題があるが、今シーズン左足の怪我を克服し、ここまで来た新田の精神力や根性はすごい。うっすらと涙をみせた表彰式。とても素敵だった。若い選手たちも、よく見習い、学び、強くなっていってほしいと願った瞬間でもあった。


そしてこの日も、阿部友里香、岩本啓吾、日野沢瑛、星澤克、川除大輝らの10代のジュニア選手が、このスプリントレースに挑戦した。
「もっと元気よく!」声援に負けないくらいの若いエネルギッシュな走りがみたい、将来の日本チームは、若い彼らにかかっている。クロスカントリースキーを通じて、ぜひとも心身ともに成長してほしい。


[写真]スタートラインで構える久保恒造
(スタートラインで構える久保恒造)


[写真]長田弘幸選手
(長田弘幸)


午後5時半からの開会式、ウェルカムパーティは温かいとてもいい内容だった。演出も素晴らしく、各国の選手や監督からお褒めの言葉を頂いた。
ただ、せっかくのパーティなので、海外の選手たちと、ボランティアや来賓の皆様と会話できる雰囲気を作ってほしかった。円卓のテーブルだと、チーム毎に座ってしまい、なかなか話しかけづらい。また、日本選手たちで固まってしまったので、せっかくの交流の場だっただけに工夫が必要だった。もっと旭川の皆様と選手らが交流できたらと思う。


[写真]日本チームのメンバーと
(日本チームのメンバーと)


明日は、休養日で公式トレーニング日。フランスチームをつれて、神居東小学校へ行ってくる。今日、学校へ行き先生とセッティングしたり準備をした。熱心な先生がいる学校は、活気があって、僕は大好きだ。
いつも思うが、そんな先生のいる学校は、生徒たちが幸せだと思う。

ワールドカップ監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

監督、スタッフ、選手の皆さんお疲れ様です。
新田、阿部選手、表彰台おめでとう御座います。
又荒井監督、還暦おめでとう御座います。
皆さんのこれからの活躍を心より願っております。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.