1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 障害者スポーツ
  4. の中のロンドンマラソンで再会、ソチパラリンピックを受け継ぐパラリンピックロシアチーム

[ ここから本文 ]

2015年5月12日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ロンドンマラソンで再会、ソチパラリンピックを受け継ぐパラリンピックロシアチーム

2015年5月12日(火)  [荒井秀樹]

ロンドンマラソンに、シットスキーヤーのロシアのアレクシー選手が参加していました。
参加選手はアレクシー選手1名で、同行のイリナ監督とも今年のワールドカップノルウェー大会以来の再会でした。
イリナ監督は、ご家族の病気で残念ながらワールドカップ旭川大会に来れなかったのですが、今回家族の写真をみせてもらい、病気の回復も順調なようでホッとしています。
アレクシー選手は1時間46分06秒で19位と厳しい戦いだったようです。
レース後に会うことは出来ませんでしたが、次回、また会えることを楽しみにしています。


[写真]ロシアのアレクシー選手と久保恒造選手
(シットスキーのアレクシー選手(ロシア)も出場しました)


そんなイリナ監督やアレクシー選手から嬉しい誘いをもらいました。
ソチパラリンピックを記念した車いすマラソン大会を9月24日に開催するとのこと。
開会式が行われたスタジアム周辺のコースです。
主催者の中にパラリンピックのクロスカントリーチームが入っているので驚きました。
イリナ監督などがコーディネートしているようです。
パラリンピックが開催されたソチで、障がい者スポーツがますます盛んになることは、いいですね。
日本でも長野パラリンピックから毎年、車いすマラソンが行われ、継続されています。
イリナ監督に「毎年開くのか?」と聞いたら、そうできるよう希望しているとのこと。
ぜひ成功させてほしいと思います。


[写真]ソチで開催されるマラソン大会のパンフレット
(ソチで開催されるマラソン大会)


スタート前に、競技場内に入れなかったイリナ監督に対し、「タイヤへの空気入れをサポートしてほしい」と、久保選手が日本チームのスタッフに掛け合ってくれました。
同じクロスカントリーとバイアスロンを戦った仲間として、共に健闘を誓い合いました。


[写真]ソチに飾られている久保恒造選手のプレート
(ソチに飾られている久保恒造選手のプレートです)


関連記事
ロンドンマラソン、痛恨のパンク
ソチパラリンピックの金メダリストが旭川へ
2014ソチパラリンピック 所属選手結果一覧


今後の車いす陸上大会予定と結果

車いすマラソンへの挑戦!2015

車いす陸上競技パラリンピック障害者スポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.