1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のJISS(国立スポーツ科学センター)で秋の測定

[ ここから本文 ]

2015年11月17日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

JISS(国立スポーツ科学センター)で秋の測定

2015年11月17日(火)  [荒井秀樹]

秋の測定が始まりました。
春(5月)に実施した測定から、どのように変化しているかを見る大変重要な測定です。


選手みんな、夏のトレーニングで自分が「どこまで進化したのか」
また、「まだまだ課題はどこにあるのか」
そんな自分自身を知る測定です。


新田佳浩選手は、過去にないレベルの高い数値を出しています。
JISSの先生たちからも「シニア選手と比べてもトップクラス」とのこと、オリンピック・パラリンピック選手が一緒に研鑽していく環境は、本当にいいですね。


新田選手と阿部友里香選手の乳酸測定・最大酸素摂取量のローラースキー測定、最後まで頑張る動画をご覧下さい。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


(新田佳浩選手の測定)


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


(阿部友里香選手の測定)


関連記事
体力測定 最大酸素摂取量の結果から
JISSの利用が実現 ピョンチャンパラリンピックに向けての強化へさらなる力に
リオデジャネイロパラリンピック、ピョンチャンパラリンピックへ向けて
クロスカントリーの競技パフォーマンスをあげるために必要なこと
ソチパラリンピック対策ミーティングと国立スポーツ科学センターの見学

パラリンピック監督日記トレーニングチームAURORA(アウローラ)

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.