1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のアジア選手の活躍

[ ここから本文 ]

2016年4月 4日(月) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

アジア選手の活躍

2016年4月 4日(月)  [荒井秀樹]

フィンランド大会で、韓国の新人、シットスキー男子のシン選手(35)がスキーマラソン、ミドルで3位に入りました。
まだ1年目にもかかわらず、ロシアやウクライナの選手を破る活躍です。
ピョンチャンパラリンピック大会に向け凄い韓国選手が現れました。
元は韓国のアイススレッジホッケー選手です。
ポーランドのカミール選手ら他の国からもアイススレッジホッケー競技からシットスキーに参加する選手がいます。


日本トライアスロン連合が、東京オリンピックも視野に入れた選手の発掘に向けて、他の競技、水泳、陸上からの「競技間トランスファー(移籍)」を積極的に進めるとニュースで見ました。
パラノルディックスキーでも、このような発想も必要かなと思います。


もう一人、アジアの選手を紹介します。
モンゴルのガンボルド選手は、クラシカルが得意でスキーマラソン、スプリントで力をつけてきています。
特にスプリント1kmレースでは、ガンボルト選手が11位で、日本の佐藤圭一選手に7秒差をつけての準決勝進出でした。
まだ若く、トレーニングできる環境さえ良くなればクラシカルでは相当いい選手になるでしょう。


彼は、日本で練習をしたいと言っています。
日本のジュニア選手やアジアの選手らが、将来世界のトップをめざして旭川や北海道でトレーニングしてくれたら嬉しいなと思っています。


ところで、クロージングパーティーでガンボルト選手から
モンゴルの絵をいただきました。嬉しかったです。
こんな交流も昔やっていましたが、今思うととても新鮮で、大切なことだと思います。
今も、ロシアやウクライナ選手からもプレゼントをもらうことがあります。


[写真]モンゴルの絵
(モンゴルのガンボルト選手からプレゼントをいただきました)


関連記事
2018ピョンチャンパラリンピックコース視察
札幌大学で「パラリンピック概論」
北海道オリパラの会


パラリンピック冬季種目

クロスカントリースキーパラリンピックシットスキー監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.