1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中の立教大学「パラリンピック支援を考える」授業

[ ここから本文 ]

2016年4月20日(水) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

立教大学「パラリンピック支援を考える」授業

2016年4月20日(水)  [荒井秀樹]

2020東京パラリンピックへ向けた立教大学のパラリンピック授業が始まります。
全学部共通科目で「2020東京パラリンピック支援を考える」授業で約280人の学生が履修したとのこと。
定員をオーバーして抽選になったそうです。関心が高いですね。


担当する先生は松尾哲夫先生で、立教大学も今までパラリンピックについて取り組んできた大学です。
先生からメールで授業スケジュールが送られてきました。


僕は、5月6日に「冬季パラリンピックの歴史と課題 ~日本におけるパラノルディックスキーの歩みを中心に~」として、お話をする機会をいただきました。
過去の大会の貴重な資料や写真、長野パラリンピックの成果と課題などをもとに授業をする予定です。


大学授業 関連記事
早稲田大学「パラリンピック概論」
札幌大学で「パラリンピック概論」がスタート


パラリンピック 関連記事
リオデジャネイロパラリンピック、ピョンチャンパラリンピックへ向けて
パラリンピックの歴史


関連記事
教育レガシー共創フォーラム2016 in福岡
札幌で講演会「北海道パラリンピックの最前線」


パラリンピック夏季種目

パラリンピック冬季種目

パラリンピック

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.