1. ホーム の中の
  2. [ノルディックスキー競技]
  3. クロスカントリースキー
  4. の中の立山合宿 高所で雪上トレーニング

[ ここから本文 ]

2016年6月17日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

立山合宿 高所で雪上トレーニング

2016年6月17日(金)  [荒井秀樹]

新田佳浩選手の立山合宿時には、オリンピックをめざすレンティング陽選手、小林由貴選手や富山県、福井県の高校生の合宿もあり、残り少ない雪を大切に整備しながらのスキートレーニングとなりました。コースの雪をフラットにするのが大変でした。


[写真]スコップで雪入れするコーチ
(雪が少なく、コーチらはスコップで雪を入れます)


[写真]スノーモービル
(スノーモービルでコースを整備します)


[写真]スキートレーニングするレンティング陽選手
(レンティング陽選手)


[写真]スキートレーニングする小林由貴選手
(小林由貴選手)


立山合宿の宿泊先は標高2,400mの天狗平山荘で、昼食の用意や選手のシャワーや洗濯機など合宿に必要なサポートをしてくれます。
あくまでも山小屋なので、早めの消灯を心がけ、水を大切に使います。


[写真]朝食をとる新田選手と長濱コーチ
(天狗平山荘の朝食はパンです)


空気も美味しく、朝夕の景色は天空の世界、雲海が綺麗でした。
天然記念物の雷鳥もコース脇にいて、人が近づいても逃げません。


そんな自然の環境のなかで、スキーをしながらの高所トレーニング。
新田選手にとってもいい練習ができています。


[写真]雪の上の雷鳥
(コース脇に、雷鳥)


関連記事
新田選手が立山 天狗平でクロスカントリースキー合宿
トナカイがいるサーリセルカの自然の中でトレーニング

クロスカントリースキー合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.