1. ホーム の中の
  2. 車いす陸上競技
  3. の中のハンドリングのゴム交換

[ ここから本文 ]

2016年6月 9日(木) [長田弘幸]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ハンドリングのゴム交換

2016年6月 9日(木)  [長田弘幸]

レース用の車いすを漕ぐときには、ゴムを巻いているハンドリングをたたくようにして漕ぐのですが、しばらく使うとゴムがすり減ってボロボロになります。
そこでゴムを貼りかえるのですが結構手間がかかります。


自分の場合はゴムのホースや自転車のタイヤなどを使っていて、今回はゴムのホースをボンドで貼りつけました。


[写真]ゴムのホース
(今回使ったゴムのホース)


[写真]ゴム交換後のハンドリング
(交換後のハンドリング)


貼り換え直後は滑りやすいので、しばらく漕いでなじませるようにしています。


雨の日は滑って漕げなくなるのでハンドリングに松やにを塗ったり、グローブに布やバックスキンを貼って滑らないようにしています。
ハンドリングが滑るとタイムが大きく変わるので、雨の日の滑り止めは重要です。


以前は両面テープや強力なマジックテープなど、いろいろ試してみてうまくいかなかったのですが、今は車のシートが良いと聞いたので、シートを切ってグローブに貼りつけて使っています。
ホームセンターに行くと、何か水にぬれても滑らない素材がないか気になって探してしまいます。


車いす陸上競技 用語解説
車いす陸上トラック競技のレーサーについて
車いす陸上競技とは
車いすマラソンとは


関連記事
進化し続けるレーサー
車いすマラソン レーサー用グローブのテスト
レーサーのグローブ作成の様子

車いす陸上競技

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.