1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のウィルチェアーラグビー日本代表 池崎大輔選手

[ ここから本文 ]

2016年7月 5日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ウィルチェアーラグビー日本代表 池崎大輔選手

2016年7月 5日(火)  [荒井秀樹]

ウィルチェアーラグビー日本代表で、リオデジャネイロパラリンピック出場に内定した札幌在住の池崎大輔選手によるトークショーが、日本財団パラリンピックサポートセンターでありました。


日本財団4階には障がい者スキー連盟の事務局があり、そこに用件があったのですが、ちょうど1階でのトークショーも聞くことができました。
どちらかと言うと一般の方の参加は少なく、メディアや企業の方々が対象の雰囲気でした。
それにしてもたくさんの報道陣に驚きました。


池崎選手には7月13日の札幌大学での「パラリンピック概論」の授業でゲスト講師をお願いしており、学生はもちろんのこと「北海道オリパラの会」関係者の方も楽しみにしています。


ウィルチェアーラグビーは、コートに入る4選手が障がいに応じて持つポイントの合計が8点を超えないように編成し、試合を行います。
女子選手も参加できるシステムになっていて、独自のハンディがもらえ、出場できる仕組みになっています。
そんなウィルチェアーラグビーのルールや魅力をお話いただく池崎選手のトークが楽しみです。
13日には、池崎選手も所属するウィルチェアーラグビーチーム、北海道ビッグディッパーズのメンバーも参加してくれるようです。


[写真]池崎大輔選手のトークショーの案内掲示
(有意義なトークショーでした)


関連記事
札幌大学で「パラリンピック概論」がスタート
IPCワールドカップ札幌大会
映画「マーダーボール」見てきました


パラリンピック夏季種目

2016 リオデジャネイロパラリンピックとは

パラリンピック障害者スポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.