1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. トレーニング
  4. の中のコーチ陣の尽力

[ ここから本文 ]

2016年9月 2日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

コーチ陣の尽力

2016年9月 2日(金)  [荒井秀樹]

スキーホールで1時間50分、クラシカルテクニックのトレーニングをしました。
しっかりとしたスキーフォームを仕上げるために、ビデオを撮りながら指導する長濱一年ヘッドコーチ。


[写真]阿部友里香選手のスキーフォームを撮影する長濱コーチ
(阿部友里香選手のフォームを撮影する長濱コーチ)


[写真]新田佳浩選手に説明する長濱コーチ
(すぐにフィードバックして新田佳浩選手に説明する)


[写真]出来島桃子選手にアドバイスする長濱コーチ
(出来島桃子選手に分かりやすくアドバイス)


リレハンメル、長野のオリンピックで活躍した長濱コーチはパラリンピックチームにとっては憧れのスター選手で、いつも力強く、綺麗なフォームは今でも記憶にあります。
当時、小林卓司コーチが「オリンピック選手と会話できたり、アドバイスをもらったりできることに感謝しないと」とパラリンピック選手に語っていたことを思い出します。
そして現在、元オリンピック選手がヘッドコーチに就任してパラリンピック選手をコーチしていることは、当時を思えば想像できませんでした。


また、オリンピックやワールドカップなどの国際大会でナショナルチームのワックスコーチとして活躍した佐藤勇治コーチも、現在はパラリンピックチームのワックスチーフコーチです。


腕や手に障がいがある選手にとっては、グリップワックスを上手に仕上げるのに時間がかかります。
練習中のワックス調整でも、佐藤勇治コーチの指導をもらいながらワックスの勉強をしており、これも大事なトレーニングです。


[写真]選手のグリップワックスを説明しながら丁寧に仕上げる佐藤勇治コーチ
(選手のグリップワックスを説明しながら丁寧に仕上げる佐藤勇治コーチ)


片腕選手のバランスの良いフォームを追求して、今日もアドバイスが続きます。
選手のコーチングには、障がいのある、なしは関係ありませんが、各選手に合ったきめ細かな指導が大切です。


この日の午後は休養で、次の日からバイアスロンのトレーニングが始まりました。
エアーライフルのシリンダーに圧縮した200気圧の空気を空気入れで入れるのですが、重くて大変です。
時間をかけて入れましたが、腰が痛くなって、曲がったままに・・・(涙)


[写真]シリンダーに圧縮空気を入れる空気入れ
(シリンダーに圧縮空気を入れる、これが大変です)



▼ 関連記事
長濱一年コーチ、佐藤勇治コーチからの報告
新田、阿部、川除選手が揃いドイツ・オーバーホーフにてスキー強化合宿
クロスカントリースキーのトレーニング(オフシーズン編)[関連記事まとめ]2016-2017シーズン


▼ スケーティング 関連記事
クラシカル走法でタイムトライアル
フリーテクニック・スケーティング
収穫あった!スキーセミナー by ロビン・マッキーバー


▼ ワックス 関連記事
ワックスをしながら思うこと
ワックステストの方法
レース前のワックステスト


▼ 関連特集
特集 「チームAURORA(アウローラ)」の走る人!支える人たち!


▼ 関連コンテンツ
[イラスト]スキー部オリジナルクイズスキー部オリジナルクイズ

クロスカントリースキー合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.