• みんなのいいねで選手を応援しよう
  • 応援メッセージ&プレゼントキャンペーン
  • 応援メッセージご紹介

 

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 障害者スポーツ
  4. の中のパラリンピックや障がいを伝えていかなければと痛感

[ ここから本文 ]

2016年10月28日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

パラリンピックや障がいを伝えていかなければと痛感

2016年10月28日(金)  [荒井秀樹]

先日の北海道新聞社主催の政経懇話会での講演で、「海外の冬季パラリンピックチームが旭川や札幌など、北海道でトレーニングしたいと希望している」と伝えましたが、早速、海外からメールが来ました。


韓国パラノルディックスキーチームのハンさんからで、12月に北海道で行いたいそうです。
バイアスロンの射撃トレーニングを希望していますが、国内の銃刀法の関係で海外選手のトレーニング使用のみの国内へのライフル持ち込みは厳しく、その実現は残念がら不可能なのですが、クロスカントリースキーシットスキーのトレーニングは可能です。


昨年も12月に来道したのですが、車いすに対応された宿舎でないところを予約してしまい、会場やホテルを変更してトレーニングしたそうですが、例年にない雪不足で、日程を切り上げて帰国してしまいました。
ホテルの合宿を受けた方が、「車いすの選手がいるとは気がつかなかった」そうです。
また、韓国チームからも上手く伝えられなかったようです。


スキー合宿できるエリアの方々にも、もっとパラリンピックのことや障がいについて、伝えていかなければいけないことを痛感しました。
今年こそ、充実した合宿ができるよう期待しています。


▼ 関連記事
障がい者スポーツへの貢献活動
金メダリスト小林深雪さんの射撃の凄技
長野パラリンピックから続く江東区のパラスポーツへの支援


▼ 関連特集
[写真]太田渉子元選手
障害者スポーツの現場から

バリアフリーバイアスロンパラリンピック車椅子障害者スポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.