1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中の江東区白河地区の取組み

[ ここから本文 ]

2016年11月 6日(日) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

江東区白河地区の取組み

2016年11月 6日(日)  [荒井秀樹]

江東区の青少年対策白河地区委員会のパラリンピック応援の取組みは約20年前からで、長野・トリノパラリンピック金メダリストの井口深雪(旧姓小林)さんが森下に住んでいたこともあり、長野パラリンピック前からたくさんの応援をもらっています。
そして現在も、新田佳浩選手や瀬立モニカ選手等、江東区白河にゆかりのある選手もいます。


毎年取り組んでいるスポーツボランティア講演会、リオパラリンピック代表の柔道の半谷(はんがい)静香選手が講演に来てくれました。
テンポの良い話しで、100名以上の皆さんもパラ柔道の面白さを満喫していました。


[写真]江東区の白河地区は進んでいます
(江東区の白河地区は進んでいます)


[写真]半谷(はんがい)静香選手の講演
(半谷(はんがい)静香選手の講演)


質問も沢山でて、
「最初組む時のルールはあるのですか?」
「リオの選手村、食事はどうでしたか?」
「相手が仕掛けてくる時、どうして分かるんですか?」
とリオの様子やパラ柔道への質問も多かったです。


中学生からは
「緊張した時はどうしていますか」
「階段は怖いですか」
「落ち込んだとき、どうしていますか」
「部活を辞めたいと思ったことないですか」
と、とても身近な質問もでました。


2020東京に向けて、自分の住んでいる街でも、パラリンピックを応援する取り組みをどんどん進めていこうと改めて思いました。


[写真]深川2中のバレーボール部の皆さん
(深川2中のバレーボール部の皆さん)


(荒井監督の情熱日記11月6日)


▼ 関連記事
長野パラリンピックから続く江東区のパラスポーツへの支援
パラリンピックや障がいを伝えていかなければと痛感
江東区の取り組み

パラリンピック監督日記応援・支援障害者スポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.