1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のパラリンピックに力を入れるウクライナチームからファーストエントリー

[ ここから本文 ]

2016年11月26日(土) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

パラリンピックに力を入れるウクライナチームからファーストエントリー

2016年11月26日(土)  [荒井秀樹]

来年3月17日から開催される「2017 IPCノルディックスキーワールドカップ 札幌大会」へ、ウクライナチームからファーストエントリーがありました。
新田選手阿部選手のライバル選手たちがひしめく強豪チームです。
選手、ガイド、ドクター、コーチなど40名の選手団です。
リオパラリンピックでもそうでしたが、ウクライナはオリンピックよりパラリンピックに強化の力を入れていると言っても過言ではありません。


ワールドカップ札幌大会の前の3月9日から15日まで、韓国のピョンチャンでパラリンピック・プレ大会としてワールドカップが行われることもあり、その視察・事前調査も兼ねた大選手団になっています。
その全員で札幌入りの計画です。


しかし、パラリンピックには力を入れているウクライナですが、街の中の移動や生活では、障がい者の方々を取り巻く環境は厳しいと聞いています。
パラリンピックでの活躍が、社会を変えるきっかけになってほしいです。


アメリカ、韓国も参加表明しており、各国チームの来日が期待されています。


▼ 関連記事
IPCワールドカップ札幌大会に向けてミーティング
障がい者スポーツやパラリンピックを知るきっかけに―IPCワールドカップ札幌大会
IPCノルディックスキー ワールドカップランキング
ワールドカップとは


2016-2017 スキー部のシーズン予定と結果

パラリンピックワールドカップ障害者スポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.