1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の22口径ライフルのテスト

[ ここから本文 ]

2016年12月11日(日) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

22口径ライフルのテスト

2016年12月11日(日)  [荒井秀樹]

パラリンピックのバイアスロンはエアライフルで、視覚障がいクラスは音響装置付きの電子ライフルを使用します。


今日は、将来のパラバイアスロンを考え、オリンピック種目と同じ22口径のライフルを使用したテストが行われました。
各国とも、賛成意見や慎重な意見もあります。


ライフルが狩猟で使われてきた欧米に比べて、日本はライフルに対する考え方が大きく違います。
スポーツライフルとしての認知度も低いです。ヨーロッパではバイアスロンは花形の冬季スポーツで、観客動員も一番ではないでしょうか。
日本においても、バイアスロンの普及や「見るスポーツ」として、広めていきたいと思います。


[写真]22口径ライフルでの射撃
(22口径ライフルでのテストイベント)


クロスカントリースキーチームは、ここボッカティにトレーニングジムがあり、新田佳浩選手の指導で若い選手らが汗をかいていました。
レース期間中も、補強トレーニングが大切です。


[写真]若い選手にアドバイスする新田選手
(若い選手にアドバイスする新田選手)


[写真]クロスカントリースキー専用のトレーニング機器でトレーニング
(クロスカントリースキー専用のトレーニング機器が揃っています)


[写真]ゴールに向かう阿部選手
(エルコリーナを引く新田のんの選手)


▼ 関連記事
パラリンピックや障がいを伝えていかなければと痛感
IPCバイアスロン電子銃作業部会
金メダリスト小林深雪さんの射撃の凄技
日本でもパラバイアスロンができる
オーバーホーフでの人気の高さを感じたバイアスロンスタジアム

バイアスロンワールドカップトレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.