1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のワールドカップ遠征から帰国

[ ここから本文 ]

2016年12月18日(日) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ワールドカップ遠征から帰国

2016年12月18日(日)  [荒井秀樹]

ワールドカップ フィンランド大会で金メダルを獲得した阿部友里香選手、4位入賞した新田佳浩選手が、18日に帰国しました。


長濱一年コーチと新田選手、阿部選手は、フィンランドで1ヶ月以上の長期合宿だったので、疲れもピークではないでしょうか。
さらに、帰国してからが大変なのが長濱コーチで、報告書作成や年末年始の合宿準備などに追われています。


早めに帰国した僕も、ワールドカップ 札幌大会スポンサーへの挨拶まわりや、次のワールドカップ ウクライナ大会遠征のコーチ依頼など、忙しい毎日です。


現地では、選手の指導やワックス作業だけでなく、視覚障がい者選手や車いすのシットスキー選手への気配りや、障がいクラスごとにレースの時間帯も違うため、スタッフの配置も考慮しなくてはなりません。
現地からのプレスリリースもそうですが、スタッフの仕事はとても多く煩雑です。


今回の阿部友里香選手、金メダル獲得のスタッフメンバーは、ワックスを長濱コーチと佐藤勇治コーチが担当。
二人は、選手全員に対して、スキー並走しながらの指導も行っています。


トレーナーは藤里直子さん。昨シーズンからパラノルディックスキー日本チームのトレーナーで、レース中の写真記録や、選手移動のサポートも担当してくれています。


藤田佑平ガイド兼コーチは、高村選手のガイドだけでなく、チームの指導や総務、プレスリリースの担当。


[写真]給水を担当する藤田コーチと阿部友里香選手
(給水を担当する藤田コーチ、選手は阿部友里香)


大和田いつかコーチはバイアスロンコーチで、毎晩、選手の射撃予習指導や弾込め、空気入れなどの担当です。
日本食提供のサポートや、プレスリリースの担当もしています。


それ以外にも、日本スポーツ振興センターのサポート体制が取られており、専門の先生が派遣されています。
スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。


12月26日、札幌で会いましょう!
パラノルディックスキー日本チームは、お正月に関係なく、トレーニングに励んでいます!!


▼ 関連記事
コーチ陣の尽力
フィンランド合宿でも栄養指導
特集 「チームAURORA(アウローラ)」の走る人!支える人たち! 桜井智野風先生 前編

ワールドカップ監督日記応援・支援

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.