1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の阿部友里香、無念のリタイヤ

[ ここから本文 ]

2017年1月16日(月) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

阿部友里香、無念のリタイヤ

2017年1月16日(月)  [荒井秀樹]

ワールドカップ ウクライナ大会遠征中の小林卓司コーチから、現地の情報が送られてきます。
今日のレースは、クロスカントリースキーのスプリント。
当初はクラシカルの予定でしたが、急きょフリーに変更になりました。
コース整備ができない理由だと思いますが、この日に合わせてきた選手やスタッフにとっては、ひどい話です。
こんな考えられない様なお粗末な運営をしていると、いつまでたってもパラスポーツの発展はありません。
(クラシカル種目はコースに2本シュプールを入れなければならない。フリー種目はスケーティング走法なのでフラットな整備だけで済む。)


振り返れば、ソチパラリンピックでは競技役員のコース誘導の間違いがあり、それは有り得ない事件で、出来島桃子選手の金メダルが幻に終わってしまいました。
また、これだけ騒がれているドーピング問題ですが、ワールドカップ フィンランド大会ではドーピングコントロールはされていません。
「かけ声だけで終わらせてはダメだ」と、IPC国際大会の現状を問題視する選手もいます。


さて、今日のレース結果、阿部友里香選手ですが、ウクライナ選手の転倒に巻き込まれて、大きく転倒、胸を強く打って唇を切ったようです。
大事をとって、レースを途中でキャンセルしました。


[写真]阿部友里香選手スタート
(阿部友里香選手スタート)


得意のクラシカルからフリーへ種目変更、そして追突されて怪我、散々なレースでした。
大会救護医にも診てもらって、大きな怪我にはなっていないとのことですが、脳震とうや首の痛みがあり、明日のレースは大事をとってキャンセルするとのこと。


小林コーチをはじめスタッフは、とても大変かと思いますが、最後まで頑張るよう、激励のメールをしました。
残りバイアスロン3レース。
日本チームの活躍を期待しましょう。


▼ 関連記事
クロスカントリースキーとは?
初戦、阿部友里香が3位!
ウクライナから近況報告

ワールドカップ大会日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.