• みんなのいいねで選手を応援しよう
  • 応援メッセージ&プレゼントキャンペーン
  • 応援メッセージご紹介

 

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の視覚障害バイアスロンの大トラブル

[ ここから本文 ]

2017年1月19日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

視覚障害バイアスロンの大トラブル

2017年1月19日(木)  [荒井秀樹]

ウクライナのヤヴォリヴにあるウェスタン・リハビリテーション&スポーツ・センターで、1月13日に開幕したワールドカップ第2戦、大会5日目の男女バイアスロン スプリントが行われました。
日本からは5選手が出場し、立位女子では阿部友里香選手が5位、出来島桃子選手が6位。
立位男子では、佐藤圭一選手が7位、星澤克選手が11位で、視覚障害男子の高村和人選手は13位でした。


視覚障害者クラスでは、ビームライフルの不具合が発生し、10射座のうち8射座で故障、2射座しか使用できないというアクシデントで、射撃に順番を待つ列ができてしまった、という珍事が起きました。
射撃の順番待ち時間は、もちろんリアル走力タイムから引かれますが、全選手のロスタイムを測れていないために大混乱。
休息になってしまう選手等もいて、公平なレースとは言えませんでした。


[写真]射撃の順番を待つ列
(射場に長い列ができました。日差しが強いとビームライフルが感知しませんでした)


アンオフィッシャルのリザルトの発表もないままに、公式リザルトが数時間後、突然発表されました。
ドイツやノルウェー、フランス、日本が抗議しましたが、受け入れてもらえませんでした。
高村選手のロスタイムを走力タイムから引いていないのです。


競技運営にも問題がありますが、一番注目したのは、ビームライフルのトラブル、選手の背中からの太陽の日差しが強く、そのためにビームが感知しなかったとのこと。
札幌大会でも十分にありえることなので、検証したいと思います。


バイアスロンのスプリント、阿部友里香選手の得意レースですが、スプリントレースの転倒に巻き込まれたときの首の鞭打ちの影響もあって、満射でしたが上位に食い込むことができませんでした。
早く全快して、次に頑張ってほしいです。


▼ 関連記事
バイアスロン インディビデュアル
バイアスロン・スプリントで5位に入賞した阿部選手からのコメント
阿部友里香、無念のリタイヤ

バイアスロンワールドカップ競技ルール

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.