1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のウクライナ大会最終戦

[ ここから本文 ]

2017年1月20日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ウクライナ大会最終戦

2017年1月20日(金)  [荒井秀樹]

初めてのウクライナでのワールドカップ。
ロシアは2012年、日本は2015年が初の開催です。
過去のワールドカップ開催国は、欧州ではドイツ、フランス、オーストリア、イタリア、ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、北米はカナダ、それとアメリカです。
3月に初めて韓国で開催されますので、全部で13カ国です。
まだまだ少ないですね。
今後、パラノルディックスキーの普及や振興のためにも、多くの地域や国で開催を広げていきたいです。
いつも参戦している中国やカザフスタン、ポーランド、ベラルーシ等が有力です。


ウクライナ大会も今日が最終戦、バイアスロンのミドルが行われました。
男子が2.5km、女子が2kmのコースで5周し、射撃は4回です。
とてもエキサイティングなレースが行われたと聞きましたが、結果は阿部友里香選手の5位が最高位でした。


[写真]阿部友里香選手スタート
(阿部友里香選手スタート 後ろに見えるのがペナルティループです)


[写真]ゴールする阿部友里香選手
(ゴールする阿部友里香選手)


バイアスロンコーチの大和田いつかコーチが、レースを終え、阿部選手への評価とコメントを発表していますので、ご紹介します。
「・・・5位入賞となった阿部選手はまだ16日のレースのアクシデントで走力に影響があるものの、逆に射撃でつかむことができたものがあり、昨日から完璧に近い射撃ができています。
今の感覚を大事にして、今シーズンこのまま持続できるよう努めてもらいたいと思います。」
「今大会期間中もたくさんの応援ありがとうございました。次回はドイツでの世界選手権大会となりますが、引き続き応援宜しくお願い致します。」
と結んでいます。
世界選手権大会のバイアスロンコーチは浅利嘉之コーチ(陸上自衛隊第18普通科連隊)が派遣されます。


▼ 関連記事
ワールドカップ第2戦ウクライナ大会、いよいよ開幕!
バイアスロン・ミドルで5位に入賞した阿部選手からのコメント
阿部友里香、無念のリタイヤ


2016-2017 スキー部のシーズン予定と結果

バイアスロンワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.