• みんなのいいねで選手を応援しよう
  • 応援メッセージ&プレゼントキャンペーン
  • 応援メッセージご紹介

 

  1. ホーム の中の
  2. [ノルディックスキー競技]
  3. クロスカントリースキー
  4. の中のパラリンピックのリレー種目

[ ここから本文 ]

2017年2月15日(水) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

パラリンピックのリレー種目

2017年2月15日(水)  [荒井秀樹]

開催中の世界選手権大会、今日はリレー種目がありました。日本は今回、出場していません。


パラリンピックのリレー種目ですが、現在は、ミックスリレーとオープンリレーがあります。
2人以上でチーム(1走・3走:クラシカル走法かシットスキー、2走・4走がフリー走法)を編成します。
よく、ミックスとオープンの違いを聞かれますが、選手の障害のハンデ:パーセントシステムの数値の合計がミックスは330%、オープンは370%でチームを作るだけで、競技内容や選手の編成は一緒です。
ミックスリレーが330%なので、障害の重い選手や女性選手が多いのが特徴です。


障害の重い選手で世界のトップクラスの選手がいないと、このリレーでは勝機がないと考えています。
夜のチームキャプテン会議でも話題にあがり、「リレーのルール見直し」が近い将来、提案されるでしょう。
長野パラリンピックでは、立位・視覚の男子と女子それぞれのリレーがあり、シットスキーもそうでした。
現在リレー種目が男女・障害混合になった理由は、選手が少なくなってしまったことも大きな要因です。
見る人にとっても、分かりやすい競技が大切です。


明日は、クラシカルのロングレースです。
新田佳浩選手と阿部友里香選手が出場します。


[写真]チームミーティング
(明日の作戦会議、チームミーティング)


[写真]レストランへ向かう
(夕食は歩いて5分、村に1軒しかないレストランへ)


▼ 関連記事
バイアスロンリレー
新ルールのリレー競技で6位!
いよいよ開幕!IPC障害者ノルディックスキー世界選手権ドイツ大会


▼ 関連特集
[イラスト]荒井秀樹監督荒井監督のパラリンピック競技ノルディックスキー講座

クロスカントリースキー大会日記競技ルール

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.