1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 大会日記
  4. の中の新田選手、激走で3位

[ ここから本文 ]

2017年2月16日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

新田選手、激走で3位

2017年2月16日(木)  [荒井秀樹]

世界選手権 ドイツ大会、クラシカルロングが行われ、新田佳浩選手は左足踵の負傷でまだまだ完全復活ではないですが、粘りの力走で3位に入賞しました。


[写真]新田佳浩選手表彰式
(新田佳浩選手表彰式)


[写真]新田佳浩選手表彰式クラシカルロング3位
(新田佳浩選手表彰式クラシカルロング3位)


レース展開は、前半、トップと秒差で2位で通過し、後半、気力で逃げ切りを図りましたが、ライバルのイルカ(フィンランド)との争いで惜しくも逆転を許してしまいました。
しかし、今シーズンはレースからも遠ざかっていたのですが、そんなブランクを感じさせない走りで復調を感じさせるレースでした。


[写真]力走する新田佳浩選手19km地点
(力走する新田佳浩選手 19km地点)


阿部友里香選手は、前半、上位で展開しましたが、クラシカルを得意とするエミール(カナダ)やユリヤ(ウクライナ)に、後半、競り負けて6位でした。
しかし、最後まで諦めないで表彰台をめざして走る阿部選手に、日本のスタッフ陣も声をからして応援しました。


[写真]ゴールへ向かう阿部友里香選手
(ゴールへ向かう阿部友里香選手)


日本からも多くの方から応援や祝福のメールをいただき、感謝です。
韓国のプレ大会、札幌ワールドカップと続く今シーズン、新田選手はさらに上位をめざして奮起しています。


▼ 関連記事
12年ぶりの表彰台
【速報】世界選手権大会クロスカントリー・ロングで新田佳浩が銅メダル獲得!
クロスカントリー・ロングで銅メダルを獲得した新田選手と長濱コーチのコメント


2016-2017 スキー部のシーズン予定と結果

クロスカントリースキー大会日記監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.