1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 障害者スポーツ
  4. の中のパラスポーツを子供たちに伝える

[ ここから本文 ]

2017年2月21日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

パラスポーツを子供たちに伝える

2017年2月21日(火)  [荒井秀樹]

今回世界選手権大会がドイツで行われました。
長野パラリンピック時代を振り返ると、ドイツが圧倒的な強さを誇っていました。
今で言うロシア、ウクライナです。いや、それ以上に強かったと思います。
スイス、フランス、オーストリアなども強く、北欧のフィンランドやノルウェーも選手がたくさんいました。


そんな強かったドイツですが、パラリンピックスポーツと子供たちの関わりは、他の国より盛んな印象です。
また、村の人たちがみんな応援に来てくれたこともうれしかったです。


札幌大会でも、アットホームな大会を、ぜひ実現したいと思います。


[写真]前走をしてくれた地元のスキークラブの女の子
(地元のスキークラブの子供たちが前走をしてくれました)


[写真]ボランティアする生徒達
(フラワーセレモニーのボランティアもしてくれました)


[写真]応援に来てくれた子供たち
(応援に来てくれた子供たちです)


▼ 関連記事
パラリンピック教育の原点
リオの記念コイン
札幌大学のIPC-W杯ボランティア単位
道都大学のボランティア活動

監督日記応援・支援障害者スポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.