1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の【速報】バイアスロン・スプリントで阿部友里香が6位!

[ ここから本文 ]

2017年3月22日(水) [アウローラ]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

【速報】バイアスロン・スプリントで阿部友里香が6位!

2017年3月22日(水)  [アウローラ]

国際パラリンピック委員会(IPC)主催の2017IPCノルディックスキーワールドカップ(W杯)第4戦札幌大会が3月19日に北海道の札幌で開幕し、大会4日(最終日)のバイアスロン・スプリントが行われました。


日本からは6選手が出場し、佐藤圭一選手(エイベックス・グループ・ホールディング ス)が5位、阿部友里香選手6位、新田のんの選手(専門学校札幌デザイナー学院)が4位に入賞しました。
出来島桃子選手(新発田市役所)と、高村和人選手(岩手県立盛岡視覚支援学校教諭)は7位、星澤克選手(立命館慶祥高等学校)は10位でした。


本日のレースで「2017 IPCノルディックスキーワールドカップ札幌大会」、今シーズンのパラノルディックスキー日本チームの大会日程は終了いたしました。皆様の応援とご協力に感謝いたします。
以下、各カテゴリーの1位〜6位までの入賞者と日本人選手のリザルトです。


IPCノルディックスキーワールドカップ第4戦:
 札幌大会2日目

-----------------------------------
■開催日/3月22日(水)
■スタート時間/午前10時00分
■時差/なし  ■開催地/札幌
■天候/曇り  ■気温/6℃  ■雪温/0℃


■開催種目/
 男女バイアスロン・スプリント
 男子立位・視覚・座位7.5km
 女子立位・視覚・座位5km
●競技方式
・1周ごとに1回射撃を行う
・射撃は1回5発を2回行う
・射撃のペナルティーは1発外すごとに1周150mのペナルティーループを周回する
●記録内のPはペナルティー(射撃で外した数)。()は内訳
 例)P=1(0+1)=ペナルティー1。(1回目+2回目)


●競技会場:
西岡バイアスロン競技場(札幌市豊平区西岡)
●大会ウェブサイト、Facebook
http://japanteam.jp/wc2017/index.html
https://www.facebook.com/paranordicwcsapporo/
-----------------------------------


【男子】
▼立位の部

1位 ベンジャミン・ダビエ (フランス) 17分49秒6 P=0
2位 マーク・アレンツ(カナダ) 18分45秒3 P=1(1+0)
3位 イーホー・レプトゥカー(ウクライナ) 19分32秒5 P=2(0+2)
4位 ニースエリック・ウルセッ(ノルウェー) 20分08秒8 P=3(2+1)
5位 佐藤圭一(エイベックス・グループ・ホールディングス) 20分25秒0 P=1(0+1)
6位 グレゴリー・ボブチェンスキー(ウクライナ) 20分58秒6 P=4(2+2)

<日本選手>
10位 星澤 克(立命館慶祥高等学校)  23分22秒2 P=5(1+4)


▼視覚の部
1位 イアロスラブ・レシェンスキ(ウクライナ) 20分00秒1 P=2(1+1)
   ガイド:アトゥ・ガガート
2位 デミトロ・シィーアーコ(ウクライナ) 20分03秒8 P=0
   ガイド:イヴァン・マキシャク
3位 オレクサンダー・カジック(ウクライナ) 20分13秒3 P=2(1+1)
   ガイド:セルゲー・クチェヤビー
4位 イウリー・ビトキン(ウクライナ) 20分33秒5 P=3(1+2)
   ガイド:ルスダン・ペレコバ
5位 アナトリー・コバレフスキー(ウクライナ) 20分47秒0 P=3(0+3)
   ガイド:オレクサンダー・ムクシン
6位 ジェイコブ・アディコフ(アメリカ) 21分59秒5 P=5(3+2)
   ガイド:ソーイヤ・ケシュレム

<日本選手>
7位 高村 和人(岩手県立盛岡視覚支援学校教諭) 23分44秒8 P=3(0+3)
 ガイドランナー:藤田佑平(早稲田大学大学院スポーツ科学研究科)


▼座位の部
1位 マクシム・ヤロビー(ウクライナ) 24分13秒4 P=3(2+1)
2位 マーティン・フレーグ(ドイツ) 24分22秒5 P=1(1+0)
3位 トゥリグベ・ラーセン(ノルウェー) 24分44秒2 P=1(0+1)
4位 アーロン・パイク(アメリカ) 24分51秒6 P=1(1+0)
5位 シン・ウィヒュン(韓国) 24分55秒5 P=2(1+1)
6位 タラス・ラド(ウクライナ) 25分33秒6 P=1(1+0)


【女子】
▼立位の部

1位 オレクサンドラ・コノノバ(ウクライナ) 18分12秒9 P=2(2+0)
2位 エミリー・ヤング(カナダ) 18分41秒8 P=0
3位 ユリア・バテンコバ(ウクライナ) 18分50秒9 P=0
4位 ボーダナ・コナッシュ(ウクライナ) 18分53秒3 P=2(2+0)
5位 イリーナ・ブイ(ウクライナ) 19分02秒3 P=1(1+0)
6位 阿部友里香 19分17秒1 P=1(1+0)

<日本選手>
7位 出来島 桃子(新発田市役所) 20分10秒9 P=2(1+1)


▼視覚の部
1位 オクサナ・シスコバ(ウクライナ) 19分46秒4 P=2(0+2)
   ガイド:ボルディミィリィ・ヴァノフ
2位 クララ・クラグ(ドイツ) 19分52秒2 P=1(0+1)
   ガイド:フロリアン・グリム
3位 オルガ・フィルツカ(ウクライナ) 21分10秒0 P=3(1+2)
   ガイド:ディミトリ・アルトミン
4位 ナタリア・ルバイスカ(ウクライナ) 24分45秒0 P=7(3+4)
   ガイド:ラダ・ネステレンコ


▼座位の部
1位 アンドレアー・エスコー(ドイツ) 20分33秒8 P=0
2位 オクサナ・マスター(アメリカ) 20分41秒0 P=1(1+0)
3位 アーニャ・ウィッカー(ドイツ) 21分51秒7 P=1(1+0)
4位 新田のんの(専門学校札幌デザイナー学院) 25分46秒4 P=2(2+0)
5位 クリスティーナ・ロリンツ(ハンガリー) 37分09秒9 P=5(3+2)


(出典元:パラノルディックスキー日本チーム ニュースリリース


関連記事
クロスカントリー・ショートで2位に入った新田選手と長濱コーチのコメント
【速報】IPCワールドカップ札幌大会クロスカントリーミドルで阿部友里香が 6位入賞!
ワールドカップ第4戦札幌大会を前に、新田、阿部、川除、長濱コーチのコメントが届きました

ワールドカップとは

バイアスロンワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.