1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の新田佳浩、銀メダル!

[ ここから本文 ]

2017年3月13日(月) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

新田佳浩、銀メダル!

2017年3月13日(月)  [荒井秀樹]

ピョンチャンの本番コース、スプリントレース・クラシカルで新田選手が銀メダルを獲得しました。


[写真]表彰台の新田選手
(新田選手が銀メダル)


予選では、新田選手は2位、フィンランドのイルカ選手が1位でした。
ライバルのイルカ選手との勝負を予想していましたが、決勝ではウクライナのグレゴリー選手が優勝、新田選手は準優勝でした。


[写真]スプリントレース・クラシカルでの新田選手
(スプリントレース・クラシカルでの新田選手)


イルカ選手やウクライナのホープ、イーホ選手には競り勝ちましたが、残された1年間、「トレーニングを積んでトップを」と語っていました。
踵の怪我で泣いた今シーズンでしたが、腐らずに頑張った結果だと思います。


川除大輝選手も、2本のスキーポールを持たないLW5/7クラスでトップの成績で、新人ながら決勝まで勝ち上がりました。
スウェーデンやカナダなど海外のコーチやスタッフから大声援をもらっていました。


スウェーデンのアンドレ監督は、「とても感動した」と16歳の大輝選手を褒めてくれました。
スプリント・クラシカルレース、日本のお家芸になりつつあります。

クロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.